運転体験以外の楽しみ

前回の続きです。
このツアーは、運転体験をしている時間以外にも、楽しい企画が目白押しです。

ジップラインと言って、空中に張られたロープにワイヤーでぶらさがって、
数百メートルを斜めに滑り降りていくというアトラクション。
風向きによって速度や向きも変わり、見ていると怖そうですが、
実際にやってみると、とても気持ちよかったです。
ポケット内のビニール袋でさえもロッカーにしまって行かなければならなかったので、残念ながら写真なしですが・・・

そして、シビックとS2000という車を、インストラクターの人たちが運転し、
レーシングコースをすごいスピードで走るのに同乗するという体験。
ヘルメットをかぶって助手席に乗りましたが、完全に暴走車という感じで、スリリングでした。

エフワンカーや、レースバイク、そしてプライベートジェットに乗っての写真撮影も。
エフワン
エフワンの車は、ハンドルを外さないと乗り込めないほど座席が狭く、降りるのにも苦労しましたが、
これだけしっかり体を固定できないと、猛スピードには耐えられないんだろうなと思いました。
バイク
バイクも、こんな前かがみでハンドル握るの!?とびっくり。
飛行機
飛行機は、副操縦士のために、ハンドルもアクセル(?)も、すべて二つずつあるんですね。
乗ってみなければ気付けないことばかりでした。

ゴーカート
あっ、失礼!!
これは・・・ちょっとまぬけですが・・・(笑)
ゴーカートを運転しました。
サポーターさんが、方向などを声で指示してくれて、
その方向に向かって走らせるのですが、これが意外に難しくて、
私は何度も路傍に乗り上げ、車ごとスタッフさんに持ち上げられて助けられてました f^_^;

今回、盲導犬ユーザー仲間も参加していました。
ユーザーさんと
私以外は、みなさん何度もツアーに参加されているベテランさんです。
車に乗ったり、ジップラインしている間、犬たちは涼しいお部屋で見守られながらの待機です。
それぞれのご主人さんが戻ってくる度、みんな大喜びでした U^w^U

以上で、自動車運転体験ツアーレポートはすべて終わりです。
今回までは、クラブツーリズムが主宰されていましたが、
次回からは、近畿日本ツーリストの主催に変わり、11月に開催だそうです。
一人の視覚障害者の「運転してみたい」の声を、
こうして実現へ導いてくださったクラブツーリズムの渕山さん、
そして、運転の場をこころよく開放してくださっているツインリンクもてぎの方々に、心から感謝です。
 

人生初の自動車運転体験

先週のことになりますが、視覚障害者自動車運転体験ツアーに参加してきました。
1泊2日で、栃木県茂木町にある、ツインリンク茂木で、本物の自動車を運転体験できるというツアーで、
毎回募集開始とともに、すぐにいっぱいになってしまう人気ぶりです。
ずっと興味はありましたが、今回ついに参加できることになりました。

ツインリンク茂木は、HONDAの施設で、とても広大な敷地です。
バスで移動しなければ、周ることのできないほどの広さ。
実はここツインリンク茂木には、2014年3月にも訪れています。
茂木町でのコンサートの際に、ここのホテルに宿泊させていただきました。
この時も、盲導犬に対してのおもてなしがとても行き届いていてすごいなと思ってましたが、
自動車ツアーで何度も盲導犬を受け入れていたからなんですね!
この時のなつかしのブログです。
いつかプライベートでも訪れたいと書いていましたが、このような形で実現しました。

Kana's Diary 演奏意外の茂木あれこれ
http://kanako0902.blog.fc2.com/blog-entry-121.html


私たちが運転する車は、ホンダ ジェイドです。
インストラクターは、シュークリームが好きな島倉さん。
島倉さんと
エンジンのかけ方から、ハンドルの握り方、アクセルやブレーキの踏み方など教えていただきました。

そして、ゆっくりのスピードからいよいよスタートです。
私の運転姿いかがですか? (^_^)
運転中

ハンドルを持つ左手の位置を時計に見立てて、9時です、11時ですというように、方向指示をしてくださいます。
アクセルをどの程度踏んだらいいのかなど、なかなか難しかったですが、
慣れてくると、窓を開けて、外の秋風を感じながら気持ちよく運転できました。

二日目になると、サーキットコースだからこそできるスラローム走行や、
一気にスピードを上げて、思い切り急ブレーキをかけるという体験もしました。
これらは、普通の教習所でもできない体験だそうです。
ブレーキを思い切りかけた時のキキキキーという音がたまりませんね(笑)

記念に、免許証を作ってくださいました。
本物そっくりの免許証。
写真には、アリエルと一緒に写りました。
(個人情報が書いてあるので、免許証の写真は載せられませんが)
良い思い出の品になりました。

このツアーは、半分以上の方がリピーターです。
今回も北海道や熊本からも参加されている方もいました。
回数を重ねるごとに、難しい技術も教えてもらえるそうで、
私もベテランのツアー参加者の車に同乗させていただきましたが、
スピードも結構出ていたり、自分で判断して操作をしたり、
ウインカー出したり、バックで駐車したりと、いろいろなことをしていました。
私も初めて参加しましたが、次回はもっとこうしたいななどと考えるようになり、きっとまた参加するだろうなと思います。

2日間、ずっと一緒に行動してくださったサポーターの田島さん。
田島さんと
一人一人にこうしてサポーターさんがついてくださるので、常に安心して過ごせるのもこのツアーの魅力ですね。
初めてお会いした感じがしなく、とても楽しく過ごさせていただきました。
田島さん、ありがとうございました!

運転以外の時間も、盛りだくさんの楽しいことがありました。
書ききれないので、次回ブログをお楽しみに!

最後に、私が運転している様子を、ちょこっとだけですが動画で載せておきます。
どんな感じで運転しているのかが、これでおわかりいただけると思います。
こちらからご覧ください♪
 

8月末からのあれこれ

大きな台風が過ぎ去ったと思ったら、北海道での地震。
ちょうど友人が、台風の日に飛行機で北海道へ旅行へ行き、
帰りの日に北海道地震にあってしまい、帰宅が2日遅れ、
昨夜自宅へ帰れたと連絡が来た時は本当にほっとしました。
災害はいつどこで起こるかわからないと肝に銘じておかなければならないと考えさせられる数日となりました。
被害に合われた方に、心よりお見舞い申し上げます。

今回ブログでは、8月末からのことを記録に残しておきたいと思います。
まずは、英語スクールのサマーパーティーに参加してきました。
イベント集合写真
ハワイアンレストランでのパーティー。
コーチや生徒さんたちと、楽しく英語で会話してきました。
チームに分かれ、ゲームをしましたが、
なんと、私たちのチームが優勝!
優勝のレイを首につけて記念撮影です。
優勝記念写真
アリエルも、ハワイアンイメージの服を着ての参加でした。

続いては、先日ブログでもご紹介した「アライブ」の打ち上げ。
一緒に恵比寿、代官山、目黒を散策したチームAのみなさんとの打ち上げです。
この日は、電車も止まるようなすごい雷雨がありましたが、
お店を出る頃にはすっかり静かになっていて、まったくぬれることもありませんでした。
チームAのみんなと
手前に写っているのは介助犬のラッキー。
アリエルはテーブルの下なので、写ってません (^_^;)
みなさんのプライベートな話などもたくさん飛び出し、楽しいひとときでした。
今度はワインパーティーしようと盛り上がっています☆

そして、ラストは、盲導犬慰霊式に初めて参加してきました。
昨年8月から今年7月までに亡くなった31頭の犬たちを偲びました。
その中には、ナンシーの兄弟2頭、ナンシーの子供1頭、そしてナンシーのお母さんもいます。
心の中で「ありがとう。お疲れ様。天国でも楽しく過ごしてね。」と言いながらお花を手向けてきました。
式にはナンシー家族も参列。
2年前にナンシーの引退でナンシーとお別れし、
そしてアリエルと出会ったここ神奈川訓練センターで、
こうしてアリエルとナンシーと一緒にいるということがとても不思議な感覚でした。
センター入口でアリエル、ナンシー、キーパーと  会場でアリエルとナンシーと

ここ最近はいろいろなところへ参加させていただくようになり、
一つ一つの場での人との出会いを、ますます大切にしていきたいと思う今日この頃です。
 

夢の鍵

昨日25日の夕方、BS TBSで『夢の鍵』という番組が放送されました。
30分番組で、ブラインドメイクのことが取り上げられました。
ブラインドメイクがどのようにして生まれたのか、
ブラインドメイクによって、視覚障害女性たちがどのような変化をしているのか、
30分にとてもよくまとめてくださっています。

私も取材を受け、自宅でも撮影しました。
いろいろ撮りましたが、私は最初の方と、最後にちょこっと出ているようです (^_^)

以下より、1週間限定で見ることができます。
ぜひご覧ください。

https://tver.jp/episode/48039707
 

同伴拒否ゼロを目指して

6月から7月にかけて、アライブというプロジェクトに参加させていただきました。
アライブとは、複数の企業が次世代リーダー研修として、20~30代の社員を出し、
社会課題解決のためのプレゼンをし、そのテーマでの採択を目指すものです。
今年は、補助犬情報センターから出された、
「2020年までに補助犬同伴拒否ゼロを目指して」
というテーマをもとに、全4チームに分かれ、アイディアを出し合っていきました。
みなさん、初対面同士、
そして、ほぼ補助犬のことについては素人さんです。

まずは、補助犬がどのような仕事をするのか、
どのようにユーザーさんと街を移動し、過ごしているのか、
そして、入店した際、各お店ではどのような扱いを受けているのかなど、
一日一緒に過ごしていただき、知ってもらうことからスタートしました。
私はAチームのみなさんと行動することになりました。
半日をかけて、恵比寿、代官山、目黒を歩きました。
歩いて

偶然にもアリエルがパピー時代によくお散歩したコースです。
アリエルは覚えていたかな?
目黒の橋で
Aチームのみなさん、とても良い方ばかりです。

カフェでお茶をしたり、TSUTAYAに入ったり、
ランチしたり、プリン買ったり。
どのお店も気持ちよく対応してくださいました。
カフェで
実際どのような感じで入店拒否されるのかも見ていただきたかったですが、
それはないことに越したことはないですからね!

電車にも乗る場面もあり、私が緊張している様子を見て、
駅は危険な場所であることも知っていただけたようです。
電車

各チーム、いろいろな情報を持ち合っての意見発表など。
そして、どうしたら、補助犬ユーザーさんが外出しやすい世の中になるかを、
平日の仕事終わりなどに、チームごとに集まって話し合いを重ねてくださいました。

最終プレゼンでは、各チームが発表し、順位が出ます。
おしくもAチームは2位でしたが、私としては、すばらしいアイディアだと思いました。
4つのアイディアを生かして、ぜひとも実現していただき、
補助犬同伴拒否が本当にゼロになる世の中が近いうちに来てほしいと思いました。
アライブという形としては終了しましたが、
今後も、このメンバーで、具体的な活動をしていっていただけたらうれしいです。

今回参加された補助犬ユーザーです。
補助犬集合
真ん中二人が盲導犬ユーザー、
そして、向かって左が聴導犬ユーザー、
一番右が介助犬ユーザーです。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR