2018年スタートしました!

あけましておめでとうございます。
新年があけて、4日がたちました。
今日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか?
私は6日からなので、もう少しお正月休みを楽しみます。

このお正月は、元旦に富士山の方の神社へ初詣に行きました。
毎年行っているのですが、今年はびっくりなほどの混雑。
なにかで紹介されたのかな?というくらい、去年までとは違って人が多かったです。

二日は、地元の神社へ。
ここはいつも人も多くないので、ゆっくりお参りできました。
おみくじも大吉!
でも、あまり目立って良いことは書いてなく、いたって平穏な感じの内容でした。
それが一番なのかもしれませんね。

お寿司に焼き肉と、お正月からお腹もめでたいです (^_^)v

アリエルとノアからも新年のごあいさつで~す☆
アリエル「おめでとう!」   ノア「よろしくね!」

今年は、一つ一つの出会いをさらに大切に、楽しみたいです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!
 

2017年ももうすぐ終わり

ただ今、大晦日の22時になろうとしているところです。
今年もこのブログをお読みくださり、また、私やアリエルへの応援をありがとうございました。
こうしてこの日をおだやかな気持ちで迎えることが出来たことに感謝です。

2017年最初のブログを読み返してみたら、こう書いてありました。
「いろいろなところへ出かけ、わくわくいっぱいな年にしたいです。」
そうでした!今年はわくわくがテーマだったんですね。
まさにその通り、わくわくがたくさんあった一年でした。
プライベートでは、ディズニーランドやディズニーシー、
下田旅行や石垣島旅行。
ブラインドメイクで学会出席のため、あこがれだったオランダへも行けましたし、
演奏では、主催ライブの他、奈良へ2度も訪れることができたり、
オーケストラバックでの夢のような共演など、
本当に充実していたと思います。
また、今まであまり縁のなかった執筆のお仕事もさせていただきました。
ブラインドメイク物語、ノーマライゼーションへの原稿やプログラムエッセイなど、
今までの人生を改めて振り返るきっかけとなりました。

9月末に、まさかの猫ちゃんが家族に加わり、
それからというもの、私たち家族の運気もなんだか上昇している気がします。
その反面、10月、11月と、私が風邪をこじらせてしまい、
こんなことはなかったというくらい、長い間体調がすぐれませんでした。
それでも、その風邪も今はすっかり治り、こうして元気に年を越せることが出来そうで、本当によかったです。

昨日は、大好きな仲間たちと忘年会でした。
乾杯でカラフルなグラスを合わせている写真が撮りたいねということになり、
みんなそれぞれ違った色のカクテルを頼むことに。
カシスホワイト(白)、カシスオレンジ(赤)、マンゴーオレンジ(黄色)、すみれ色カクテル(ブルー)を想像して注文。
ところが実際に来たカクテルの色は、結局同じような色でした(笑)
カクテル

女子会コースのデザートは豪華です☆
デザート

ということで、結局飲食ネタで終わる2017年のブログです f^_^;

来年も、さらに良い年にしたいですね!
皆様、2018年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

夢をかなえるために

ちょっとご無沙汰してました。
5月中旬から最近まで、ジェットコースターのような日々を送ってました。
家族で前から思っていた夢が実現しそうで、
一気にそれに向かって動き出したのですが、
今度こそ行けるぞ!と思うと、新たな弊害が出てきたり、
それが解決して、また走り始めると、突然ストップしたり・・・
最後の最後まで、どうなるかわからないという状況が続いたのですが、
結局のところ、今回は見送りになりました。
このような夢は、実現するタイミングというのがあるんですよね。
きっと今はその時じゃなかったのだと思うことにしました。
でも、結果的には、この出来事のおかげで、
家族全員が、すばらしい勉強をしたことになりました。
それぞれの持っていた問題や悩みが、
この出来事を経験したおかげで解決や気付きにつながったのです。
夢を実現するために、まず解決しなければならない課題がクリアになりました。
家族みんなで、各自その課題をクリア出来た時に、
最高のタイミングで、その夢は必ずかなうと信じています。
今は夢をかなえる準備期間☆

来月末には、ブラインドメイクの学会発表でオランダへ行きます。
オランダは、ずっと行きたかった国の一つ。
国際盲導犬セミナーに参加した時、本気で英語が話せるようになりたいと思い、
2年前に英語レッスンを受講したのもここにつながってたんだなと思います。
(あっ、だからと言って、英語ペラペラになったわけではないですけどね・・・)

こうして考えると、今までやってきたことは、すべて無駄ではないのかもと思いました。
その時にどうしてもうまくいかないことも、意味のあることなのかもしれませんね。
本当に、学びの半月となりました。
加奈子+アリエルのカナエルペアという名の通り、
夢をかなえるために、これからもやってくるであろう課題を、
一つ一つ着実にクリアしていきたいです☆
 

2016年を振り返って

今年ももうすぐ終わりを迎えようとしています。
毎年言っているけど、あっという間でした。

今年は、私にとって別れと出会いの年。
2月22日に、7年半をともにしたナンシーとお別れしました。
去年の今頃は、日々ナンシーといられる時間に、ただただ感謝だったのを覚えています。
そして、そのお別れの1時間後に、新たな出会いをしました。
私の2代目盲導犬となるアリエルです。
ナンシーとの違いに戸惑いつつも、訓練を重ねていくうちにすっかりアリエルの魅力に引き込まれていきました。
訓練が終わっても、しばらくは、
ワンツーリズムのこと、ゲリや肛門腺のこと(シモのことばかりだね!笑)
間接のことや体を異常にかゆがることなど、
アリエルの体質改善に全力をそそぎました。
おかげで、今はお腹をこわすこともなくなり、つやつやの毛、高く力強く振るしっぽなど、
すっかり良いコンディションになりました。
その間にも、長野、山形、宮城、愛知、大阪など、あちこち遠出もし、
ステージにもたくさん上がり、人生初の一人旅(あっ、二人か)もしました。
考えてみればまだ2歳なのに、すでにナンシーの頃以上に行動範囲が広がっています。
ブラインドメイクという新たな分野にもチャレンジできました。
ナンシーと積み重ねてきた経験を生かし、アリエルとともに、新しい扉をたくさん開いてきた年でした。
私にとってこの一年を漢字で表すと、「扉」ですね!
新たなステージへの一歩を大きく踏み出すことができました。
来年は、その開いた扉のむこうにある世界へ、思い切って飛び出していきたいと思っています。
酉年は「羽ばたく年」にしたいですね!
たくさんのご縁に感謝しつつ、2017年を迎えたいと思います。

今年も変わらずお付き合いしてくださった皆様、
新たにご縁をいただきました皆様、
本当にありがとうございました。
来年もカナエルをよろしくお願いいたします!
 

ホーム上での安全を守るために・・・

昨日の夕方、東京メトロ銀座線の青山一丁目駅で、
盲導犬ユーザーさんがホームから線路に転落する事故がありました。
本当にショックで、悔やまれる事故です。

本来、盲導犬はホームの線路側を歩き、ユーザーは内側を歩くことになってます。
そうすることで、人が線路に落ちる危険がないからです。
ホームの左端を歩く形になるので、盲導犬は点字ブロックの外側を歩くことになり、
見ていてもヒヤヒヤすると思いますが、犬自らが線路に落ちることはないので、それが正しい歩き方です。
ところが、事件が起きた時、ユーザーさんが線路側を歩いていたと言います。
狭いホームで人もたくさん、
それに地下鉄は、音も反響しやすく、方向感覚もなくなりやすい場所です。
おそらく、人や柱を避けているうちに、ホーム右端まで来ていることに気付かず、
そのまま落ちてしまったのかもしれません。
周囲の人が誰も声をかけなかったのも、
盲導犬がいるから大丈夫だろうという思いも多かれ少なかれあったと思います。

細かい状況はもちろん推測でしかないので書きませんが、
このような事故が二度と起きないよう、私たちユーザーも、
「無理をしない」「おかしいなと思ったら、すぐに人に尋ねる」
ということで、しっかり身の安全を守りたいと思います。
「無理をしない」というのは、初めて行く駅など、自信がない時は、
駅員さんの誘導をお願いすることや、
あわてず、時間に余裕を持って行動するなどがあると思います。
そして、周囲のみなさんの見守りや手助けもぜひお願いします。
例えば盲導犬が線路側を歩いている(正しい歩行)の場合でも、
通り道を広く開けてあげて、見守りつつ通してあげるとか、
人が線路側を歩いている(危険な歩行)の場合、
突然手や体を引っ張るのではなく、その人にわかるような大きな声で、
「ストップ!」や、「危ないですよ!」などのような声かけをしていただくと伝わりやすいと思います。
なにより、一刻も早く、ホームドアが設置されてほしいと思います。
せめて、人が多く利用する都心だけでも、それらのすべての駅に設置してほしいですね。

考えてみれば、子供からお年寄りまで、多くの人が利用するホームに、
ホームドアがなく、そのまま両端が線路というのは、
今まで当たり前のように見てきましたが、本当に危険な場所ですよね。
ラッシュ時のことを考えると、ゾッとします。

ユーザーさんが転落する時に、盲導犬のハーネスやリードから手を放したのは、
せめてパートナー(盲導犬)の命は守りたいという、とっさの愛の行動だったのだと思うと、胸がいたみます。
このユーザーさんの命を無駄にしないためにも、安全なホームの歩き方の再確認、
そして、周囲の見守りや、一刻も早いホームドアの設置を、強くのぞみます。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR