ひな祭りにAちゃん我が家へ

3月3日に、Aちゃんが我が家へやってきました。
初めてのお家に、しばらくにおいチェック。
ナンシー姉さんのにおいがいっぱいだね!
少し落ち着いてきたところで、早速散歩コースへ。
歩き慣れた道でも、Aちゃんにとっては初めて。
しかも、畑道は、角もわかりにくく、盲導犬にとって、かなり難易度もあるとか。
大丈夫!きっとすぐに慣れるよ!

体も小さく、まだまだいろんなことに興味いっぱいのAちゃんは、
まるで、ナンシーの子供のよう☆
そのキュートさに、すっかり家族もメロメロです。

せっかくのひな祭りなので、Aちゃんが来たお祝いに、
散らし寿司と、ひな祭りケーキでみんなで乾杯です。
ちらし寿司とケーキ

オフィスまでの道のりも訓練していただき、あと少しで卒業。
盲導犬デビューまで、いよいよカウントダウン!
Aちゃんの名前や写真を公開できるのも、あと少しです。
お楽しみに!
 

1週目終わり!そして迎える準備

訓練1週目も無事終わりました。
毎日たくさんたくさん歩いて、少しずつAちゃんとの信頼関係を深めてます。
階段を発見した時など、思い切り私を見上げて、
「ほめてほめて~~!」
としっぽを振っている様子が、なんとも言えずかわいらしいです。
部屋の中でも、私が動くところ動くところついてきて、
好奇心の固まりですね。
初日からトロンボーンも聞かせていますが、
最初は、「なんだなんだ!?」という感じで、あわててチェックに来てましたが、
それもだいぶなくなり、練習の間は、ハウスでおとなしく寝ていてくれるようになってきました。

そして、この週末は、訓練はお休みなので、
一時帰宅しています。
Aちゃんは、まだ自宅には来れないので、センターにいますが、
別れる時、訓練士さんに連れられながらも、
「一緒に来ないの?」と、私を振り返ってくれました。
なんだかうれしいね!

今週半ばには、Aちゃんも自宅にやって来るので、
この土日で、Aちゃんを我が家に迎える準備で大忙し。
オフィスを片付けたり、買い物行ったり・・・

今夜には、またセンターに戻り、Aちゃんと再会です。
再会の時、どんな反応をしてくれるかな?とちょっと楽しみな私です。

むっちりお手て
写真は、盲導犬サポートショップで買ってきた、
「エル君のむっちりお手て」というお菓子。
タイトルだけ見てずっと気になっていたお菓子で、
ちょうどセンターで売っていたので、買ってきました。
マドレーヌなのですが、まさにサイズから形から、
本物のラブラドールの肉球みたいですね!
 

新たな出会い

盲導犬の共同訓練2日目の夜を迎えています。
昨日の11時頃、ナンシーとお別れしました。
今は、すでにパピーウォーカーさんのお家の一員になっていることでしょう。
ナンシーの卒業の日のことについては、また改めて様子をブログにしたいと思っています。

ナンシーと別れてから、いよいよ代替え訓練の開始です。
新たなパートナーとの出会いの時です。
無事訓練卒業するまでは、名前はふせさせていただきます。
それまでは、仮に「Aちゃん」としますね。
ナンシーより6kgも小さい女の子です。
小さな体に、エネルギーをたくさん持った「ゴムまり」のような子。
歩くスピードがとても速くて、私にとってもかなり良い運動になってます。

今回は、ハーネスのハンドルの形が変わったので、
ある意味、初心者に戻ったよう。
でも、2日間たくさん歩いて、だいぶスムーズな歩行になってきました。

この若さあふれる明るく元気なAちゃんに負けないよう、
私も若返ったつもりで、がんばります。

来週後半まで、センターに泊まり込み。
その後自宅周辺の訓練をして、
3月2週目頃に、卒業予定です。
また時々様子をご報告しますね!
 

盲導犬共同訓練日誌~あとがき~

ずっと書いてきた訓練日誌、長い間お読みくださりありがとうございました。
前半は富士ハーネス、後半は自宅での訓練でした。
日誌にはなかったあれこれを書いてみようと思います。

富士ハーネスでは、訓練以外でも、夕食後のトロンボーンの練習が日課でした。
ある日、富士ハーネスを去る職員さんの送別会があり、
食堂でみんな集まって、ピザなど食べながらにぎやかな時間を過ごしました。
その時、トロンボーンで、ミニコンサートもしました。
ハーネスの職員さんたちの仲の良さも垣間見ることができ、とても楽しい夜でした。

休日には、静岡に住んでいた幼稚園の頃の先生が会いに来てくださり、
ケーキを差し入れしてくださいました。
そして、別の週末は、両親が訪問。
お昼にと持ってきてくれたおにぎりや卵焼きがとってもおいしかった!
毎日お弁当屋さんの食事だったので、手作りのおにぎりは本当にうれしかったです。
おいしかった食事ベストスリーに確実に入ります。

両親も、ペットではないナンシーとどのように接したらいいか、最初は悩んだそうです。
今ではすっかりベタベタかわいがってますけどね (^_^)

自宅での訓練の休みの日は、家族でアウトレットモールへ。
まだ仮免の私たちでしたが、エスカレーターに乗ったり、レストランで食事をしたり、訓練で学んできたことを実践しました。

訓練は、大変なこともあったけど、後に残ったのは「楽しかった!」という印象でした。
職員さんや同期の訓練生との楽しい会話、
盲導犬と歩く夢がかなった幸せ、
そして、最高にかわいいナンシーが家族になってくれた喜び。
人生の中でも、大きな節目となった、濃い1か月でした。

訓練中は、この訓練日誌の他に、ブログも書いていました。
ちゃんとユーザーと盲導犬として認められるまでは、ナンシーの名前もふせて「Nちゃん」と書いています。
日誌とは一味違った内容になってますので、ご興味ありましたらその時のブログも読んでみてください。
以下のページより、シリーズでご覧いただけます。
http://kanako0902.seesaa.net/category/22149577-1.html

これで、すべての訓練日誌シリーズ終了です。
今日に間に合ってよかった!
というのも、今日7月28日は、ナンシーと出会った記念日☆
富士ハーネスでの訓練が始まった日です。
あれから6年が過ぎ、今日から7年目突入です。
ナンシーとの付き合いも、もうそんなになるんだなぁ。
今まで以上に、一緒にいられる時間を大切にしていきたいと思います。
そして、ナンシーにたくさん「good」と「ありがとう」を伝えたいです。

富士山をバックにツーショット
2008年 in 富士ハーネス
 

盲導犬共同訓練日誌⑨

いよいよ共同訓練も残り2日です。
ユーザーと盲導犬としてデビュー間近!


■8月21日(木曜日)
厚木まで電車で一人で行くことになりました。
数人に助けてもらいながらも、無事厚着まで行くことができました。
そこからの乗り換えは、説明してもらいながら練習。
電車からホームに降りて、階段やエスカレーターを探すのが、なかなか難しいです。
自分の中で、階段までの距離感をしっかりつかんで、ナンシーに的確に指示を伝えることが大切だと思いました。

帰りは、人ゴミの多い町田駅経由で帰ってきました。
白杖で歩いている時は、かなりの神経を使って歩いていましたが、地図さえ頭にしっかり描けてれば、ナンシーとなら、スムーズに歩くことができそうです。
人をうまく避けて誘導してくれました。

電車の中で、人がたくさん乗っている時は、ナンシーのしっぽや鼻を踏まれないかが、気がかりでした。
ドアは、しっかり見つけてくれるので、あせらず慎重に乗り降りしたいです。

白杖で歩いていた時の感覚が生かせるところもあれば、白杖と盲導犬とでは、大きく動きが変わってくる部分があることを知りました。


■8月22日(金曜日)
今日で訓練最後の日。
電車を乗り継いで、本厚木の教室まで一人で行きました。
やはり、橋本駅の改札を見つけるのに手まどい、人に助けていただきました。
電車の乗り降りや、乗り換えは、スムーズにできたと思います。
目の見えないお子さんを持つお母さんが、「子供にわんちゃんをさわらせてあげても大丈夫ですか?」と聞いて来られましたが、ハーネスをつけている時は、仕事中なので触れないんです・・・とお断りしました。
心のどこかでは、見えないお子さんにさわらせてあげたいという気持ちもありましたが、ナンシーが興奮してしまっては大変なので、やんわりとお断りしました。
そこから先も、順調に行き、大きな問題もなく無事教室に着くことができました。
歩いている間に、なんかハーネスが傾くなぁと、何度か直したりしていたのですが、どうやら、前足の片方が、ハーネスの外に出てしまっていたようです。
車の中で体勢を変えた時に、足が出てしまったのかもしれません。
ナンシーも歩きずらかったのに、よく誘導してくれたと思います。

おかげさまで、合格をいただけて、晴れて盲導犬ユーザーになれました。
これからは、ナンシーと2人で、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。
共同訓練中、大変お世話になりました。とても楽しく、充実した4週間でした。
これからも、いろいろご相談させていただくと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

これからナンシーと、初出勤してきます!


====================
2014年現在
白杖であっても、盲導犬であっても、誰かに助けてもらいながら目的地へ行くことは同じです。
助けてもらったことがマイナス点なのではなく、迷ったら人に聞くというのは、見えない人にとって大切な一つの手段なのです。

今なら、ナンシーも落ち着いているので、見えないお子さんに特別触れさせてあげることもすんなりできますが、
やはり訓練中は、私にも余裕がなく断ることしかできませんでした。
こういう時どうしたらいいかというのを考えるきっかけになった出来事でした。

前足の片方がハーネスから出ていたのにはびっくりしました。
どうも、階段の上がり方がぴょこぴょこして変だなぁとは思いながらも、
ずっとそのまま気付かずに歩いていたなんて、ナンシーに申し訳ないやら笑ってしまうやら・・・
でも、無事目的地に付いて、「合格です」の言葉をいただけた時はうれしかったです。
ついに本当のカナンシーペアが誕生した瞬間でした。

訓練日誌は以上で終わりです。
次回は、あとがきとして、日誌にはなかった出来事や、その頃の思いなど書いてみようと思います。
あと少しだけお付き合いくださいね (^_^)
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR