コバケンとその仲間たちオーケストラ in 東京文化会館

28日は、上野の東京文化会館で仲間たちオーケストラ本番でした。
このオーケストラでは、今年になって初の公演です。
東京文化会館は、大学時代に何度かオーケストラで演奏したり、
卒業した年の読売新人演奏会でソロを吹いた以来ステージに立ちました。
響きも良く開放感あるホールで、
お客様の拍手が頭上から降り注いで体全身を包み込むような感覚になります。

今回は日本初演曲『震災のためのレクイエム』(三枝成彰作曲)が演奏されました。
弦楽器とオーボエでの編成なので、私は降り番でしたが、静かでいて深い重みのある曲想と旋律が心に響きました。

そして、第二部には、皇后様がお見えになり、私たちの音楽を聴いてくださいました。
会場からお帰りになる際も、客席とステージに笑顔で手を振ってくださいました。

最後のプログラムでは、気分も最高潮に達し、いつもに増して熱い演奏に。
そして、全身に降り注ぐ大拍手と歓声。
今回もたくさんの人のパワーを感じる本番となりました。

会場となりの上野公園では桜が満開。
お花見をしている人たちでにぎわっていたそうです。
天気も良かったし、最高のお花見日和でしたよね!

あと、乗り換えの新宿に行く電車が、今までは55分かかっていましたが、
特急が出来たおかげで40分弱で行けるようになりました。
おかげで、行きの電車があっという間に感じ、これから都内に出るのも出やすくなります。
明日は、家の近くの圏央道が開通するので、東名高速へもアクセスしやすくなるし、
仕事などで都内に行くことが多いので、便利になることはうれしいですね!
 

訓練センターでのナンシーさん

さてさて、遅ればせながら、16日の訓練士学校卒業式でのナンシーさんの様子をお届けします!
30分遅れで到着したため、バタバタとリハーサルを済ませ、控え室へむかう途中、
卒業生の人たちが廊下で並んでスタンバイしてました。
それぞれの人のとなりには、訓練犬が並んでいます。
その前を通ることに。
さぁ、ナンシーさん、先輩らしく訓練犬たちの前を颯爽と歩けるかな?
みんながナンシー先輩をあこがれの眼差しで見ているよ!
はい、もちろんやりましたよ・・・お決まりのピョ~ン!
でも、訓練犬たちがあまりに無表情で立っているので、
ナンシーとしても、「あれ?なんで?」みたいな感じで、
恥ずかしそうに、いそいそとその場を通り過ぎました。
訓練犬たちのクールな視線、そしてナンシーの「あれ?」っていう顔を想像すると笑ってしまいます。

懇親会で演奏後、ナンシーの実の子のクロス、そして兄弟のナサとうれしい再会!
クロスは私は初めて会いました。
クロス
多分ナンシーも、クロスが乳離れしてから会ってなかったんじゃないかな?
お互いリードが絡み合うほど喜んでじゃれ合っていました。
クロスは現在5歳で、盲導犬としてがんばってます。
ナンシーの産んだ子というのもあり、
私も、クロスがなんだかいとおしい!

そして、兄弟のナサとはもう何回会ったかな?
ナサ
最初の頃は、お互い大喜びでじゃれ合ってたけど、
今回は、「おう、久しぶり!」という感じで、おだやかに再開を喜び合っているようでした。

ナンシーにとって、一番のうれしかった再会は、Sさんです。
Sさんと
Sさんは、ナンシーが2ヶ月になるまで住んでいたお家の親戚で、
毎日のように遊んでもらっていたとか。
明らかに他の人には見せない態度を取るのです。
赤ちゃん時代(それも生後2ヶ月)の記憶がちゃんと残っているんですね!
懇親会の間も、たくさんいる人の中からSさんだけをずっと目で追っていたようです。

懇親会が終わり、爪を切ってもらうことになったのですが、
訓練士さんがナンシーだけを連れていくということになりました。
今回も振り向くことなく、しっぽふりふりさっさと私を残して行ってしまいました・・・
まぁ、いつもそんなもんです (_._)
どこで誰とでも楽しく過ごせる、
それが出会いと別れの多い盲導犬の大切な素質でもあるんですよね。

うれしかったのは、ある訓練士さんに、
「ナンシー幸せそうだね!」と言われたこと。
最近ますます表情がおだやかになっているのを感じます。
そして、私自身、ますますナンシーがかわいくてかわいくて!
そんな二人の様子が、訓練士さんにも伝わったんだね!
と、結局最後はただの親バカ日記で終わるんだけど f^_^;

最後までお読みくださり、ありがとうございました (^o^)♪

ナンシーのアップ
 

丹波篠山へ ・・・ 「I Love Fukushima」

19日と20日は、兵庫県の丹波篠山へ行ってきました。
20日に行われる、いのちのうた主催の公演に出演するためです。
『天心の譜(しらべ)』の映画上映会の前に、演奏させていただきました。
篠山は、新大阪から特急で1時間。
初めて訪れます。

到着し、まずはいのちのうたの会長の娘さんのお墓へ。
いのちのうたが出来たのは、娘さんの存在が大きかったそうです。
お墓は、篠山の美しい自然の風景が一望できる場所にありました。
風景
そこでダニーボーイを演奏。
吹き始めたら、みるみる空気が冷たくなり、風が吹き始めました。
そして、皆で賛美歌を歌った後には、風もやみ、また暖かくなってきて・・・
確かに娘さんが来ていたのだと思います。
お墓の前で演奏中

夕方からはリハーサル。
ご一緒させていただくピアニストの伊与田さんとは初めての共演ですが、
合わせてみて、初めてとは思えないほど息がぴったり合って、
一緒に演奏していてとても気持ちよかったし、リハーサルもスムーズに終了。
私のオリジナル曲『kindness』もとても良い雰囲気にしてくださり感激です。

本番
翌日20日の本番は、ナンシーもずっと一緒でした。
前半は、曲終わりでも立たずにいてくれましたが、
後半になると、やっぱり曲終わりの拍手で立ち上がってしまいました (^_^;)
立っちゃった
福島への思いを込めて演奏させていただきました。
入退場は、『天心の譜』の監督の奥様、小栗かよ子さんがエスコートしてくださいました。
退場
小栗監督の舞台あいさつもあり、その後上映会がスタート。

私の演奏の前には、口笛デュオのこまりこさんの演奏。
お二人は現在福島在住で、口笛のコンテストでも世界トップクラスです。
口笛で、こんなにもすき通った音色が出るのだと、本番前にもかかわらず聴き入ってしまいました。
写真は、こまりこメンバーのお二人、そして私の隣りがピアニストの伊与田さんです。
4人で

本番終了後、バックステージに戻ったら、
福島のいわきのキャラクター「ふくみちゃん」と、篠山のキャラクター「まるいのくん」がいて、
一緒に記念撮影!
ふくみちゃんとまるいのくん
大きな人形が動いていて、ナンシーもちょっとびっくりしてたみたい U^w^U

主催のいのちのうたのみなさん、どなたも本当にあたたかくてすてきな人ばかり。
今までに何度も福島へ出向いて、仮設住宅などで音楽を聴いていただいたり、いろいろな形で支援をされています。
今回のような場に呼んでいただけて感謝です。
本当にありがとうございました。
また篠山に訪れたいです。
 

今年も訓練士学校卒業式へ

3月16日は、盲導犬訓練士学校の卒業式。
昨年に引き続き、今年も演奏させていただくことになりました。
式の中での協会歌の演奏。
そして、午後の懇親会での演奏です。
訓練士さんがいっぱい見ているせいか、ナンシーも演奏中キリッとダウン。
演奏中

卒業は新たなスタートですね!
盲導犬の明るい未来を切り開いていってくれると期待しています。
卒業おめでとうございます!

中庭では、訓練犬の訓練真っ最中でした。
人にぴったりヒールして歩いたり、
横について
ウェイトでちゃんと待って、呼ばれたら一目散に走り寄ってきたり、
待ってる
3頭ともうれしそうに訓練してましたよ!

今回は、車で往復したのですが、
ナビがあるにもかかわらず、行きも帰りも大変なことに・・・
行きは、センターの近くまで来ているはずなのに、
ナビの通りに行くと、行き止まりだったり、同じところをぐるぐる回らされたりで、
あげくの果てに、今どこにいるかもわからなくなってしまい、
人に聞いたり、職員さんに電話したりで、
30分遅刻で到着。
バタバタの準備となってしまいました。
帰りは帰りで、高速に入ったはいいものの、
ナビが東京方面だというので、不思議に思いつつも従ったら、
いやな予感が的中し、家とは反対方向だったようで、
結局また横浜まで戻ってしまうという、考えられない結果に・・・
振り出しに戻るというのはまさにこういうこと・・・?
結局そこから下道を使って、倍の時間かけて帰ってきました。
しまいにナビさんが、
「もうすぐ2時間経過します。そろそろ休憩しませんか?」
とか気を使ったこと言ってきて、苦笑するしかありませんでした ^^;
「盲導犬と歩く時、犬を信用しちゃだめだよ!信頼はしていいけどね。」
と言われたことがありますが、ナビとの関係もまさにそうだなと・・・
はい、勉強になりました・・・

次回は、センターでのナンシーさんの様子について書こうと思います。
その前に、19日、20日で、兵庫で演奏に行ってきますので、
その後の更新になります。
お楽しみに!
20日の兵庫での演奏情報については、
こちら
をご覧ください♪
 

3月20日は兵庫で演奏します。

花粉や黄砂で大変な日が続いてますが、
みなさんは花粉症など大丈夫でしょうか?
せっかく春のあたたかい空気の中、
思い切り風を感じて歩きたいところだけど、
この空気では、息も止めていたくなってしまうほどですよね・・・
マスクなどでしっかり対策しましょう!

3月20日は、兵庫のたんば篠山で演奏します。
コバケンとその仲間たちオーケストラが出演している映画『天心の譜(しらべ』の上映会があり、
その前に20分ほど、ピアノとのデュオで演奏させていただきます。
福島を応援している「いのちのうた」という会の主催です。
関西方面の方、ぜひお越しください♪

あい・らぶ・ふくしま  I Love Fukushima



いのちのうたチラシ
この文字(上記の画像ではありません)をクリックするとpdfでチラシ両面をご覧いただけます。

日時 : 2013年3月20日(水・祝)  開場 12:30  開演 13:00
場所 : 篠山市立たんば田園交響ホール
     〒669-2232 兵庫県篠山市北新町41  TEL:079-552-3600
チケット:【全席自由】 前売り1000円 当日1200円
     大学生以下無料(入場時学生証提示)
チケット取り扱い ↓
    たんば田園交響ホール 079-552-3600(月・火休)
    コミュニティカフェみーつけた 079-554-2600(土・日休)
問い合わせ : いのちのうた事務局 080-3815-3488(山中)
主催 : いのちのうた

別のお知らせですが、13日の22:55からNHKで、盲導犬関連のテレビ番組が放送されるそうです。
ブログでもお知らせコメントいただきました。
爆笑問題が、神奈川訓練センターを訪問したそうです。
楽しく盲導犬について学べるかも?
ぜひご覧ください。
私もバッチリ録画予約しました。
詳細はこちら ↓
http://www.nhk.or.jp/bakumon/nexttime/index.html
 

4度目の田名公民館コンサート

地元田名公民館で演奏でした。

会場様子

今回は、法人会田名支部の主催です。
2005年、2009年、2012年と、この公民館で、社協の主催で演奏させていただき、
今回で、田名公民館では4度目の公演になります。
お客様もリピーターが多く、とてもアットホームな雰囲気でした。

盲導犬をテーマとした公演だったので、
盲導犬に関するDVD上映もあり、トークでもたっぷりお話しました。
トーク中
さすが地元というだけあり、私とナンシーがよくこの辺をウロウロしているせいか、
実際に盲導犬を見たことがあるという人がほとんどでびっくりしました。

今だに風邪の後遺症(?)で、せきが止まらず、本番どうかなと心配してましたが、
なんと演奏中もトーク中も、一度も出ませんでした!
本番の神のおかげです☆
本当によかった・・・

そして、今日は3月3日のひなまつりですね!
ナンシーのパピーウォーカーさんからお預かりしているひな人形を今年も飾りました。
ひな人形を前に、ナンシーの記念撮影。
ひな人形とナンシー
クンクンにおいをかいで、一度人形を転がしてしまいましたが(笑)
なんとか一緒に写すことができました。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR