スカイツリー

台風情報が気になっていた先週半ば、スカイツリーへ上ってきました。
雨はほとんど降ってなかったものの、どんより曇り空。

まずは350mの展望台へ。
天気も良くなく、平日ということもあり、
エレベーターもぜんぜん待たずに貸しきり状態!
350mまで50秒で一気に昇ります。
感覚としては、そんなスピードが出ている感じもなく、
耳がおかしくなることもなく、ちょっとふわりとした感覚だけであっという間に到着。

さぁ、ついに上ってきましたよ!
展望台で
うーん・・・やっぱり窓の外は真っ白・・・

でも、流れていく雲のすき間から、時々こうして地上の様子が見えました。
雲のすき間から
晴れていたら、遠くまで見えてすっごくきれいなんだろうな!
頭の中で、晴れ渡った景色を想像しながら眺めてました。

さらにエレベーターで450mまで昇りましたよ!
景色はさらに真っ白でしたが・・・

床がガラスになっているエリアがあり、真下に地上が見えます。
ナンシーも不思議そうにそこに立ちつくしてました。
ガラス床の上で
高所恐怖症だったらここに立つのは怖いかもね!

下りのエレベーターでは、ちょっと耳もツーンと来て、
ナンシーも、飛行機が下降してる時と同じように、頭を振ってました。

マスコットのソラカラちゃんとナンシーのツーショット☆
ソラカラちゃんとナンシー
もちろんしっかりカメラ目線 U^w^U

ということで、景色は残念でしたが、すいているスカイツリーでのんびり空散歩を楽しんできました。
また来る機会があったら、ぜひ晴天の時に上りたいね!
 

秋の募金活動&音楽鑑賞(その2)

毎週のように大きな台風がやってきています。
今週も27号が、そしてそのすぐ後に28号が発生したようですね。
くれぐれもみなさん気をつけてください!

遅くなりましたが、「その2」です。
「その1」の翌週末、気温が31度まで上がった日でした。
今回は、また10:00~12:30の予定で、橋本駅での募金活動。
ライオンズクラブの方や協会職員さんの他に、ボーイスカウトの子供たちも参加してくれていました。
元気でかわいらしい大きな声が、駅の構内に響き渡り、
多くの方が足を止めて、募金してくださいました。
ボーイスカウトの子供たちと

残念ながらPR犬のお友達はおらず、わんこはナンシー一頭だけ。
その分目立っていたかな?
地元ということもあり、知り合いも何人か通りかかって募金していってくれました。
みなさんありがとうございます!

募金でみなさんにお渡ししているシール。かわいいでしょ! ↓
盲導犬シール

夕方から再び出発して、ナンシーと二人で上野へ向かいました。
日本フィルの主席トロンボーン奏者、藤原功次郎さんのソロリサイタルを聴くためです。
コバケンとその仲間たちオーケストラ東北公演でご一緒した方です。
オーケストラ仲間もたくさん聴きに来ていました。

オープニングの曲から、ため息の出るようなすばらしい音色。
心の深くに染み入るような演奏でした。
トークも自然体でおもしろく、功次郎さん自らもピアノを弾いたり、
オリジナル曲もあったりと、内容も充実したものでした。
最後に行けば行くほど、さらにパワーが増してきて、
ただただ圧巻です。
エネルギーと輝きを感じる演奏でした。

23日に発売のCDが、会場で先行販売しており、
しっかりサインもしてもらってきました。
CD
たくさん刺激を受けた演奏会でした。

ということで、偶然にも2週続けて募金活動&演奏会(しかも日フィル関係)という組み合わせ。
ナンシーは、募金活動でハッスルしたので、演奏会ではぐっすり眠っていました。

そうそう、上野の文化会館の外が、今の時期ギンナンがたくさん落ちていて、
なんかナンシーの動きがおかしいなと思ったら、大きなギンナンが口の中に!
しかも結構長い間、大事に口に入れたまま歩いていたようです。
物をくわえて運ぶのが得意なレトリーバーの血がさわいだのでしょうか・・・
 

秋の募金活動&音楽鑑賞(その1)

ちょっぴりご無沙汰です。
秋も深まる時期ですが、ここ数日は日中の気温が真夏並みになったりで、
まだまだ気持ちが秋になりきれない今日この頃です。

そんな中、2週続けて盲導犬募金活動に参加してきました。
偶然なのですが、両日とも午前に募金活動、
そして午後には演奏会を聴きに行くというスケジュールに。
今回は「その1」ということで、10月6日に行った募金活動と演奏会について書こうと思います。

午前10時~12時30分まで相模大野駅で募金活動でした。
私がお手伝いさせていただいたのは、約1年ぶり。
秋はあちこちで募金活動が行われています。
近くでは、赤い羽募金を呼びかける子供たちの元気な声が聞こえていました。
私たちは、ライオンズクラブの方2名と、協会職員さん2名と私、
そして、ナンシーとPR犬のイデアちゃん。
ナンシーとイデア
イデアちゃんは、私の初めての盲導犬PRイベント参加の時に一緒になったわんちゃんです。
あれから3年。すっかりベテランのPR犬に成長してました。
ナンシーもすっかりベテランの盲導犬になってるかな?

ハーネスを外してみなさんに触れ合っていただきましたが、
やはり、犬好きの人になでられると、しっぽふりふり匍匐前進、
そしてペロペロ・・・
でも、小さなお子さんには、静かになでられているナンシーでした。
子供になでられるナンシー

募金活動を終えて、そのまま駅近くにあるグリーンホールへ移動。
2時から、日本フィルハーモニー交響楽団の相模原での第一回定期演奏会。
指揮は、なんとコバケンさんです!
半年前にチケットが完売したといいます。
私も早くからチケットを取り、この日を楽しみにしていました。
第一部はベートーベンの「皇帝」。
仲道郁代さんのピアノとオーケストラの響きが、まるで澄んだ水のように流れるようでした。
特に二楽章は涙が出るような美しさでした。

休憩後、コバケンさんの楽しくなるほどなトークが入り、
第二部はトボルザークの「新世界」。
もう!すばらしい!
広い大地、そしてそこにふりそそぐ光が見えました。
とにかく美しかった!

終演後、コバケン先生ともお会いすることができ、感動のハグ!
この本版後、そのまま羽田へ向かい、福岡へ行くとのこと。
先日私も演奏した、アクロス福岡シンフォニーホールでの、九州交響楽団の演奏会の指揮をされるためです。
本当に、ハードスケジュールなのに、あのパワーはどこから出てくるのでしょう。
またコバケンさん&日フィルの演奏を聴きに行きたいです♪

~その2へつづく~
 

補助犬用トイレ

福岡へ行った時のお話です。
今までスカイプなどでお話していた元盲導犬ユーザーの友人が福岡に住んでおり、
家族みんなで演奏を聴きに来てくれました。
本番終了後、その友人と初めて直接会うことができました。
前から、天神に補助犬用トイレがあるということを聞いていたので、
ひとしきりお茶してから、友人家族に連れていってもらいました。
本当に、通りのところに立派なトイレがありました。
補助犬用トイレ

ドアを開くと、音声ガイダンスが流れてきます。
トイレ内の構造の説明や、物の位置などが詳しく説明された後、
「博多の街をごゆっくりお楽しみください」と気のきいたことまでアナウンスしてくれます。

点字ブロックにそっていくと、一段下がったところがトイレ場所。
そこでワンツーをした後は、ボタンを押すと自動洗浄になっており、
排泄物がちゃんと流れるようになっているようです。

盲導犬に水を飲ませられるように食器が置いてあったり、
一時的に荷物を収納できるロッカーまで設置してあります。
ロッカーなど

今まで補助犬用トイレは何度か見てきましたが、
こんな立派なトイレは初めて見ました。

せっかくなのでナンシーにもそのハイテクトイレを体験してもらいましょう!
一段下がった排泄場所まで連れていき、
トイレしていいよの合図(ワンツーコール)をします。
他の盲導犬たちのにおいが多少するのか、クンクンにおいをかぎはじめました。
さぁ、するぞ!と思ったとたん、動きが止まってそのまま突っ立ってしまいました。
知らんぷりナンシー
「私、したくないの」と言っているようです・・・
ちょうどしたくない時間でもあったのですが、せっかくのチャンスだったのにがっかり・・・
まぁ、トイレ場所にこだわりのあるナンシー姫は、いつもそんな感じなのですが・・・

ともかく、補助犬のために、こんな立派なトイレを設置してくれている街、すばらしいですよね!
都会に行くと、なかなか安心してトイレをさせられる場所が少ないので、
このようなトイレが増えるとうれしいなと思います。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR