私の2015年

今年もあと半日ほどで終わろうとしています。
みなさん、今年もたくさんのあたたかい応援をありがとうございました。

今年を振り返ってみると、CD製作や、記念コンサート、クリスマスライブなど、
数年に一度の大イベントが、たて続けにありました。
新曲製作やアレンジ、長時間にわたるレコーディングなど、
そこへ至るまでの準備に、かなり力を入れてきました。

そうこうしている時に、突然ナンシーの引退が8月末に早まるという知らせ。
この一年の春夏秋冬はとてもかけがえのないものになると思い、
CDやコンサートタイトルに『Precious Seasons』とつけていましたが、
ナンシーと過ごせる春夏秋冬のはずが、もう夏しかないんだという現実を、
なんとか受け入れようと、無理やり心の整理をするしかありませんでした。
でも、私のナンシーへの気持ちが強かったのか、それともナンシーがもう少し鈴木家にいたいと思ってくれたのか、
引退時期は、当初の予定通り年明けということに戻りました。

心の奥底に無理やりしまい込んだ気持ちがすぅーっとほどけたせいか、
精神力と神経を使うレコーディングが続いていたせいか、
8月頃から睡眠リズムが完全にくるってしまい、眠れない日々が続きました。
一睡もできず、自分の体が自分の体ではないと思う中での大きな本番もあり、
ステージに立つことを、初めて心底こわいと思ったことも。

でも、その経験をしたおかげか、なにかがふっきれた感じで、
11月の大ステージ、そしてクリスマスライブまで、
今までにないほど、ステージを楽しむことができました。
その楽しんでいる様子が、お客様にもしっかり伝わったようでした。
ソリストとしてステージを作っていく中で、なにが一番大事なことなのかを気付かせてくれたような気がします。

一連の出来事が、私を成長させてくれたのは間違いありません。
そして、今もこうしてナンシーの寝息を聞きながら、おだやかで幸せな気持ちで新しい年を迎えようとしていることに感謝です。
年明けの引退ということではありましたが、
現時点では、2月中旬以降になるということで、もう少し一緒にいられる時間があります。

2015年は、いろいろな自分の心と向き合うことのできた一年でした。
来年は、新たな出会いの年になると思います。
どんな時でも、自分の心と正直に向き合い、
あらゆる出来事を楽しむ余裕を持って、歩んでいきます。

今年も、大変お世話になりました。
皆様にとって、来る年が、幸せで楽しい年でありますように。
今夜は、年越しそばならぬ、年迎えそばを、家族でいただきつつ、
ゆっくり過ごしたいと思います。
良いお年を☆
 

クリスマスライブ at まほろ座

22日は、私のニューアルバムリリース記念&クリスマスライブを、
町田に新しくできたライブハウス『まほろ座MACHIDA』で行いました。
記事最後に、次回告知もありますので、
ぜひ最後までお読みください。

Sold out
おかげさまで、sold out!

リッチな気分で音楽を聴いていただける、おしゃれな空間です。
会場様子

1部は、クリスマスソングのオンパレード☆
たっぷりとクリスマス気分を味わっていただけたと思います。
そして、まほろ座にもサンタがやってきた!?
ナンシーサンタ
ナンシーサンタが、みなさんに幸せを届けに来ましたよ!

そして、休憩をはさんで2部は、
ニューアルバム『Precious Seasons』の曲たちを演奏。
2部演奏中
新しい試みで、春夏秋冬の曲を、私のナレーションでつないで、
みなさんに、一年の季節の旅をしていただきました。
それぞれの曲のイメージを、ふくらませながら聴いていただけたのではないかなと思います。
そこから一気にエンディングへ。
会場も盛り上がりました♪

今回は、私のCDにちなんだオリジナルカクテルを作っていただいたんですよ☆
まずは、『Precious Seasons』という、アルコール入りのカクテル。
Precious Seasons
~パッションフルーツの酸味とピーチの甘み
様々なフルーツを掛け合わせ「人生の宝物」を表現したそうです。

そして、ノンアルコールカクテルとして、『冬の道しるべ』
冬の道しるべ
~青く染まった砂糖は「凛とした青空」と「星の輝き」
洋梨の香りとトニックウオーターの苦みが効いたノンアルコールカクテルとのこと。

どちらも少しずつ本番前にいただきましたが、
私好みのほどよい甘さと飲みやすさで、どちらもおいしかったです。

そして、まほろ座カレーもいただきました。
まほろ座カレー
野菜がゴロッと入っていて、よい味わいでした。

クリスマスプレートなどもあり、みなさん思い思いのお食事やドリンクを楽しまれていて、
おいしそうな香りに包まれての演奏でした(笑)

早速、次回まほろ座でのライブが決定しましたよ!
4月30日(土)です。
あたたかくなってくる良い季節ですね!
すでにご予約してくださっている方もいらっしゃいます。
またまほろ座でみなさんにお会いできるのを楽しみにしています♪

本番後メンバーと、オリジナルカクテルで乾杯!
メンバーと

メンバー、そしてスタッフのみなさん、お疲れさまでした。
平日の夜にもかかわらず、お越しいただいた皆様、ありがとうございます!
 

設立記念ガラコンサート

大和市で発足されたばかりの、やまと国際オペラ協会の、ガラコンサートに、ソリストとして出演しました。
モーツァルトのレクイエムの、「Tuba mirum」のトロンボーンソロを吹いてほしいというお話で。

オペラ協会なので、多くの歌い手さんが出演されていました。
リハーサルの写真を、客席から撮ったのですが、
会場が暗かったせいか、私の撮り方がおかしかったのか、
一枚は、赤いもやの中に人らしきものが映っているという、大変ミステリアスな写真になってしまい、
もう一枚は、まるでレントゲン写真のようになっているとか(笑)
なので、残念ながら、写真なしです m(_ _)m

なんだかんだで、Tuba mirum以外にも、ちょこちょこ登場することになりました。
残念だったのは、アンコールで『誰も寝てはならぬ』をテノールの方と演奏することになっていたのですが、
時間が押してしまった関係で、アンコールなしになってしまいました。
本当に盛りだくさんの演奏会でした。

まだ発足したばかりで、手さぐりという感じはありますが、
来年大和駅前に、大きなホールがオープンするそうで、
そこでの記念コンサートが決まったようです。
大和市にも、オペラ団体をということで作られたこのグループ。
これから、地域に根付いた滑動を、どんどん広げていってほしいと思いました。
陰ながら応援しています。
 

Precious Seasonsコンサートレポート(第二部後半~エンディング)

ナンシーとステージを退場した後、バンドメンバーによる演奏。
今回のメンバーです。
ピアノ:後藤 魂(ゴトウ タマシ)
後藤

ベース:安藤 亮輔(アンドウ リョウスケ)
安藤

ドラム:遠藤 真治(エンドウ シンジ)
遠藤

ベーシストの安藤さんは、初共演。
エレキベースとウッドベースを曲ごとに使い分けてくれました。
新たにウッドベースの音が入ることにより、
私の曲の世界観がまた広がりました。

『24のカプリース』をアレンジした、3人のジャズセッションで盛り上がった後は、
再び私もステージへ。
今回3度目の衣装替え。
黒ドレス
黒地に、きらりとした刺繍がゴージャスに見えるワンピースです。
大人の雰囲気で、『ノクターン』を演奏。

次が、いよいよ最後の曲。
4曲からなる大曲、『カルメンメドレー』です。
祖母が大好きなカルメン。
1月で92歳になる祖母も、元気に聴きに来てくれました。

一気に駆け抜けてきた二部後半も、ついにエンディングです。
アンコールには、かっこよくアレンジした『ボレロ』で華やかに終演です。
2部ステージ

そして、最後のカーテンコールには、ナンシーも登場。
『ひかりのうた』のBGMとともに、ゆっくり幕が閉じました。

以上で、コンサートレポートはすべて終了です。
コンサートというのは、その場にいる人、その時の演奏、すべて二つと同じものはありません。
その時にしか作り上げることのできない、貴重な時間です。
今回、そのことを強く感じました。
私の中でも、思い出に強く残る、特別な本番となりました。
皆様、ありがとうございました。

当日、写真の他に、ムービーも撮影していただき、
なんと、ニューアルバムのプロモーションビデオを製作してくださいました。
この日のコンサートの空気感を、イメージしていただけると思います。
2分ほどのビデオで、バックに流れているのが、『Precious Seasons』です。
ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=03UErth2F-g

♪鈴木加奈子トロンボーンソロアルバムII~Precious Seasons~♪
試聴や購入はこちらよりお願いします。 ↓
http://born-music.com/cd.html

CDを聴いていただく際に、またこのブログを読んでいただけると、
イメージも、さらに広がるかなと思います。
ぜひ、「今の私」の音楽を、たっぷりとお楽しみください!

ジャケット写真

※Amazonで、在庫切れになっていることが多いようですが、入荷次第発送になりますので、ご注文の上、お待ちください。
 事務所より、直接発送も行っております。
 

Precious Seasonsコンサートレポート(ナンシーステージ)

20分間の休憩の後、いよいよ第二部のスタートです。
真っ暗な中、ピアノの音だけが響き渡ります。
ゆっくりと幕が開き、シルエットだけが浮かび上がってきました。
会場がざわつきます。
ナンシーのシルエットがなぜかピアノの隣りに?
その後、ライトに照らされたのは、ピアノを弾く私とナンシー。
ピアノ演奏中
客席からは、ざわざわがさらに聞こえてきました。
第二部いきなりのサプライズ!
初めてみなさんの前で、ピアノ披露です♪
ニューアルバムにも収録した、『with you(ピアノバージョン』です。
こうしてステージでピアノを弾くのは、それこそ、小学生の頃のピアノ発表会以来なのでは・・・?
このコンサート一番のドキドキでした。

ということで、二部前半は、ナンシーとともにお送りします。
ヘアセットもハーフアップにチェンジしていただき、エメラルド系のブルードレスで。
ブルードレス

続いての曲は、コンサートタイトルにもなっている『Precious Seasons』。
レコーディングが始まった頃、実はまだこの曲は生まれていませんでした。
ちょうどその頃、ナンシーが8月末に引退するということが突然決まり、
これから秋も冬も一緒に過ごせるとばかり思っていたのが、もう夏しかないんだと思い、
この夏が本当の意味でのPrecious Seasonになるんだと気付きました。
その時にあふれた思いを込めて、半日で書き上げた曲。
さらに、この曲のメロディーに合わせて、初めて作詞もしました。
ナンシーへの手紙のつもりで、今までの思い出、そして未来への思いを書きました。
ステージ中央のスクリーンに、今までのナンシーとの写真たちと歌詞が映され、
その横で、椅子に腰かけて演奏しました。
今ここにナンシーと立つことが出来ているのも、当たり前のことではないんだとふと思い、
演奏中も、こみ上げてくるものがありました。

その後、ステージ中央に移動し、
私からナンシーへ、たっぷりの愛をこめて『愛の夢』を演奏。

曲ごとに移動があったにもかかわらず、
ナンシーは、お客様におしりを向けることもなく、
大勢の人を前にしても動じることなく、眠っていました。
これだって、今まで何度となくステージを重ねてきたからこそ、
そして、ナンシーだからこそ出来ているんだよね。
足元のナンシー
愛の夢が終わると、すっと立ち上がり、
楽器を持った私を、どこにもぶつけることなくステージ袖へ誘導してくれました。
決して当たり前のことではないのです。

10歳を目前に、そして引退する前に、
こうして華々しく卒業を祝ってあげることができて、本当によかった!
私とナンシーのPrecious Stage(かけがえのないステージ)になりました。

~追記~
間のトークで、ちょっと誤解があったようなので、ここで訂正しておきます。
12月3日に10歳になり、盲導犬は10歳で引退になるため、
ナンシーも引退が近づいているというお話をしました。
そうしたら、12月3日で引退と思った方が多くいらしたようです。
10歳前後で引退なので、誕生日ぴったりに引退というわけではないのです。
すみません、私の説明不足でしたね・・・
ナンシーは、年明けに引退と言われていましたが、
先日連絡が来て、2月中旬以降になりそうとのこと。
てっきり1月中とばかり思っていたので、少し余裕が出来てうれしいです。

さぁ、ガラッと雰囲気を変えて、第二部後半ステージ~エンディングへと向かいますよ!

☆Precious Seasonsコンサートレポート(第二部後半~エンディング)へ☆
 

Precious Seasonsコンサートレポート(第一部)

11月27日から、早いもので10日ほどたちました。
写真が届きましたので、当日ステージの模様をお届けします。
写真は、スタジオティットの清水さんに撮影していただきました。

ステージ全体写真
オープニングは、おなじみのオリジナル曲「カラフル」で、カラフルにスタート!
幕が開いて、お客様の一斉の拍手、いつも鳥肌物です。
いよいよスタートしたんだな!って思う瞬間。

第一部は、パンツスタイルでクールに決めてみました(^_^)
一部衣装

今回のテーマにもなっている、「かけがえのない季節」を、オリジナル曲で表現。

11月は「秋」ということで、まずは秋をテーマにした『walk walk walk』。
秋は、一番苦手な季節でした。
夏が終わってしまう寂しさがあったから。
でもナンシーと歩くようになって、秋が一番気持ちの良い季節ということがわかり、
一番苦手だった秋が、ナンシーのおかげで一番好きな季節に変わってました。
秋風を胸いっぱいに吸い込んで、どこまでも歩いていける気がする。
いつもナンシーとの散歩の時、自然に口ずさんでいたメロディーをアレンジしました。

続いて、『冬の道しるべ』。
いろいろなことがうまくいかず、悩んで先に進めなくなる時もあるけど、
冬の夜空を見上げてみると、明るい星が見守ってくれている。
その星を信じて進んでいけば、きっと大丈夫!という思いを込めて作りました。

冬の次は、春です。
パッと咲いて、いさぎよく散っていく桜の花をテーマにした、『桜の花のように』。
一度だけの人生だったら、桜の花のように精一杯咲いて、
たくさんの人を笑顔にしたいという願いを込めて。

そして、第一部ラストは、夏の『ハッピー・ドルフィン』。
沖縄でイルカと触れ合った時の、イルカたちの愛らしさ、楽しさを曲にしました。
客席も一体となり、楽しく一部終了です。

こんな感じで、第一部は、季節をテーマにした新曲たちが並びました。
オリジナル曲なので、ブログでもちょっと細かく説明させていただきました。
コンサートにいらっしゃれなかった方も、CDでぜひ体感してみてくださいね!

♪CDページはこちら(試聴もできます) http://born-music.com/cd.html

それでは、休憩を挟んで、第二部ステージへどうぞ!
次回ブログに続きます。

☆Precious Seasonsコンサートレポート(ナンシーステージ)へ☆
 

ナンシー10歳おめでとう!

今日はナンシーの10歳の誕生日☆
こうして我が家でお誕生日をお祝できるのも、ついに最後です。
元気に10歳を迎えられたこと、10歳の誕生日を一緒に過ごせること、
すべてに、ただただ感謝しかありません。

バースデーケーキ
ろうそく10本たてて、お祝です☆

パピーウォーカーさんから、メダルが送られてきましたよ!
メダルを首にかけたナンシー
なによりも輝いていて、ずっしりしたメダルだね!
本当におめでとう!

いつも一緒にいてくれてありがとう。
元気と笑顔をくれてありがとう。
大好きなナンシー!ハッピーハッピーバースデー♪♪♪

12月ナンシーカレンダーです☆
12月カレンダー
残り1か月も、みなさん楽しく元気にお過ごしください (^_^)
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR