ジャパンタイムズに掲載されました!

英字新聞の『The Japan Times』の特集で、
盲導犬について紹介され、私もインタビューを受けました。
その記事が、9月24日号に掲載されました。
日本の新聞を翻訳したのではなく、英字新聞として独自の取材、発行を行っているのは、
日本でこの新聞のみだそうです。
在日外国人の方の多くがこの新聞を購読されているようです。
駅やコンビニで購入できるようですが、
あいにくその日は郊外におり、そのような新聞は売っておらず、
直接まだ手に取っては見てませんが、
購入した方が、写真を送ってくださいました。

新聞表紙

すべてカラーで、表紙にもアリエルがドド~ンと載っているようです。
盲導犬の歴史、訓練のこと、社会的問題まで、とても深くわかりやすくまとめてありました。
私はユーザーの立場でのお話をし、
ナンシーのこと、アリエルのこと、私の今までのこともあたたかな文章でまとめてくださいました。
以下のサイトからもその記事を読むことができますので、
ぜひご覧ください。
私のインタビューは、冒頭と最後の方にあります。

《A ruff guide to Seeing Eye dogs in Japan | The Japan Times》
 

渋谷ズンチャカ!そしてナンシーとの再会

9月3日に、渋谷で演奏してきました。
渋谷ズンチャカ!というイベントで、
渋谷のあちこちでブースが組まれて、いろいろな演奏が行われるというものだそうです。
私が出演させていただいたのは、芸大の障がいとアーツという学科が主催するブースです。
マークシティーの1階で行われました。
今年の12月3日に、障がいとアーツの方々が主催するコンサートが開かれる予定で、
そちらにソリストとして呼んでいただいているのですが、
そのご縁で、この渋谷ズンチャカにもお呼びいただきました。
後藤さんとのデュオです。
演奏中
20分という短い時間ではありましたが、
5曲たっぷり詰め込んでお届けしました。
たくさんの方が足を止めて聴いてくださり、
外国人親子が音楽に合わせて踊ってくれていたり、
自由な空間で、自由に楽しんでいただけました。
当日は晴天でしたが、暑くもなく寒くもなく、外からのさわやかな風を感じながらの演奏でした。
聴きにいらしてくださった方々、ありがとうございました!
12月3日は、上野の芸大のホールで、オーケストラバックに『愛の夢』を演奏します。
ぜひ、こちらへも足をお運びいただけたらうれしいです。

渋谷の前日、ナンシーが会いに来てくれました U^w^U
まさに芸大でのコンサートが行われる12月3日はナンシーの誕生日。
その日になると、12歳になります。
半年ぶりに会いましたが、相変わらずの美人さんで、
年齢を重ねた分、とっても落ち着いていて
大きくてふわふわの体が、とてもなつかしかったです。
ナンシーとツーショット
帰り際に、私の顔をじーっと見つめて、なにかを私に伝えてから、
くるりと自ら体をむこうに向けて、車へと帰っていきました。
「私はこっちの家で楽しく幸せだから、Kanakoももう大丈夫だよね。」
と言ってくれているようでした。
本当に幸せそうなナンシーを見て、私も幸せな気持ちになりました。
私の誕生日に合わせてナンシーと会わせてくれたナンシーご家族に感謝です。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR