夢の鍵

昨日25日の夕方、BS TBSで『夢の鍵』という番組が放送されました。
30分番組で、ブラインドメイクのことが取り上げられました。
ブラインドメイクがどのようにして生まれたのか、
ブラインドメイクによって、視覚障害女性たちがどのような変化をしているのか、
30分にとてもよくまとめてくださっています。

私も取材を受け、自宅でも撮影しました。
いろいろ撮りましたが、私は最初の方と、最後にちょこっと出ているようです (^_^)

以下より、1週間限定で見ることができます。
ぜひご覧ください。

https://tver.jp/episode/48039707
 

同伴拒否ゼロを目指して

6月から7月にかけて、アライブというプロジェクトに参加させていただきました。
アライブとは、複数の企業が次世代リーダー研修として、20~30代の社員を出し、
社会課題解決のためのプレゼンをし、そのテーマでの採択を目指すものです。
今年は、補助犬情報センターから出された、
「2020年までに補助犬同伴拒否ゼロを目指して」
というテーマをもとに、全4チームに分かれ、アイディアを出し合っていきました。
みなさん、初対面同士、
そして、ほぼ補助犬のことについては素人さんです。

まずは、補助犬がどのような仕事をするのか、
どのようにユーザーさんと街を移動し、過ごしているのか、
そして、入店した際、各お店ではどのような扱いを受けているのかなど、
一日一緒に過ごしていただき、知ってもらうことからスタートしました。
私はAチームのみなさんと行動することになりました。
半日をかけて、恵比寿、代官山、目黒を歩きました。
歩いて

偶然にもアリエルがパピー時代によくお散歩したコースです。
アリエルは覚えていたかな?
目黒の橋で
Aチームのみなさん、とても良い方ばかりです。

カフェでお茶をしたり、TSUTAYAに入ったり、
ランチしたり、プリン買ったり。
どのお店も気持ちよく対応してくださいました。
カフェで
実際どのような感じで入店拒否されるのかも見ていただきたかったですが、
それはないことに越したことはないですからね!

電車にも乗る場面もあり、私が緊張している様子を見て、
駅は危険な場所であることも知っていただけたようです。
電車

各チーム、いろいろな情報を持ち合っての意見発表など。
そして、どうしたら、補助犬ユーザーさんが外出しやすい世の中になるかを、
平日の仕事終わりなどに、チームごとに集まって話し合いを重ねてくださいました。

最終プレゼンでは、各チームが発表し、順位が出ます。
おしくもAチームは2位でしたが、私としては、すばらしいアイディアだと思いました。
4つのアイディアを生かして、ぜひとも実現していただき、
補助犬同伴拒否が本当にゼロになる世の中が近いうちに来てほしいと思いました。
アライブという形としては終了しましたが、
今後も、このメンバーで、具体的な活動をしていっていただけたらうれしいです。

今回参加された補助犬ユーザーです。
補助犬集合
真ん中二人が盲導犬ユーザー、
そして、向かって左が聴導犬ユーザー、
一番右が介助犬ユーザーです。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR