ありがとう、ケイトちゃん

ずっとずっとこのことをブログに書こうと思っていましたが、ゆっくり落ち着いた気持ちで書く時間が取れず、
こんなに後になってしまいました。

ナンシーは、9頭の子供を2007年11月4日に出産していることはみなさんご存じだと思います。
その子供たちももう6歳。
私が直接会ったことがある子は、ほんの数頭です。
その中でも、ブログによく登場していたケイトちゃんを覚えていますか?
そうです。私が一昨年仙台へ演奏に行った時、
親子対面を果たし、一緒にお散歩したりドッグカフェに行ったりしました。

◆2012年に仙台で親子対面した時のブログ記事たちです ↓ ↓
 http://kanako0902.seesaa.net/article/388506555.html
 http://kanako0902.seesaa.net/article/388506564.html

ナンシーとも特にそっくりな子で、真っ白でかわいくて、まるで自分の子のようにいとおしい存在でした。
昨年末のクリスマスにも、ケイトちゃんのご家族のOさんから、おそろいの首輪を送っていただき、
私はナンシーとおそろいのおもちゃをプレゼントして、そっくりのポーズで写っている写真もブログに載せましたね。

そのケイトちゃんが、今年の2月7日にお星様になってしまいました。
Oさんからお電話をいただいた時は、言葉を失うほど驚きました。
だって、つい最近まで、元気で食欲旺盛なケイトちゃんの様子をメールで聞かせてもらっていたんです。
もともと病気を持っていたケイトちゃん。
それが理由で盲導犬の道には進まず、Oさんのお家でいっぱい愛されてのびのび過ごしていました。
当初は、3歳の誕生日を迎えられるかどうかと獣医さんから言われていたそうですが、
6歳の誕生日を元気に迎、この調子ならずっとこのまま元気でいてくれるだろうと私も信じていました。
ところが、突然元気がなくなったと思ったら、まるで空からお迎が来たかのように天国へ行ってしまったそうです。
苦しむこともなく、きれいな姿のままで。
6年3か月の命を精一杯幸せに生きたケイトちゃん。
Oさんご家族はもちろん、私やナンシーにもたくさんの笑顔と愛をくれました。
そんなケイトちゃんに、ちゃんとお礼を言いたいと思い、こうしてブログに残させてもらうことにしました。

ケイトちゃんへ
初めてケイトちゃんの写ってるDVDを見た時、なんてきれいな子なんだろうって思ったよ。
Oさんたちと旅行に行って、ケイトが喜ぶだろうとOさんがしゃぼん玉を飛ばしても、
ケイトちゃんは不思議そうに見るだけで、それよりも芝生のにおいかぎに忙しそうだったのを、微笑みつつ見てました。
仙台で初めて親子対面した時、ナンシーの迫力に圧倒されてたよね。
驚かせちゃってごめん・・・でも、ナンシーはケイトちゃんに、
「私はあなたのお母さんよ!覚えてるでしょ?」って一生懸命伝えようとしてたんだよ。
ここだけの話、ケイトちゃんにハーネスを付けて、ちょこっと一緒に歩いたよね。
盲導犬の訓練を思い出したのか、私の「ストレートゴー」の合図に、
戸惑いながらもしっかり歩いてくれたよね。
それをナンシーが心配そうに見守ってたのを覚えてる。
その後、猫のララちゃんを家族に迎えて、ケイトちゃんにも兄弟が出来たんだよね。
でもケイトちゃんはララちゃんのことを自分の子供だと思ったのか、
まるでお母さんのようにおっぱいが出てきたっていう話を聞いた時は驚いたよ。
ケイトちゃんにとって、守りたいわが子のような存在だったんだね。
6歳の誕生日も、Oさんたちにお祝してもらって、
バースデーソングよりも、早くケーキちょうだいって言ってたみたいだね。
1歳のお誕生日には、ケイトちゃんは訓練中だったけど、
Oさんたちがちゃんとケーキを用意してバースデーソング歌ってくれてたこと、きっと気付いてたよね。
お空の生活にはもう慣れましたか?
お友達もいっぱいできただろうね。
これからも、ナンシー母さんを見守っていてね。
Oさんというご家族の娘になれたこと、ケイトちゃんの一番の幸せだね。
たくさんの笑顔と元気をありがとう!
あなたに会えて本当によかった!

☆かなこ&ナンシーより☆

◆Oさんからいただいた写真です。
初めてのOさん家
はじめまして

初めてのお散歩
お散歩だ!

しゃぼん玉遊び
それなぁに?

6歳誕生日
早くケーキちょうだい
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

今年の2月に

そんな悲しい出来事があったなんて(泣)だって去年のクリスマスでしたか?お揃いのカラーとおもちゃを送ってブログでは元気にしてるって確か書いてましたよね。6歳ちょっと過ぎの子の天国行きはメッチャ早すぎです(号泣)でも、今の所は天国から8月のコンサート頑張れって見守っててくれてますよ。絶対にね。ナンシーもケイトの分まで頑張ってくれるでしょうし、何時までも後ろを振り返ってちゃ前には進めないから、鈴木さんも早く元気になって下さいね。

出会いとお別れ

出会いがあれば必ず別れがあります。命あるすべてのものは生かされています、決して皆とのお別れの時を自分自身では決められない。たくさんの想いで、楽しかった、つらかった、すべての生命体の宿命です。
生身の体、今を大切に生きよう、すべての身の回りをとりまいてくれているすべてのものに感謝して、
あとは気持ちをしっかりもって
笑顔と元気を決して忘れず
前を向いてゆっくり歩いていきましょう。
ワンちゃんはしゃべれないけど
ナンシーchan、これからも加奈子さんとずっとずっと仲良くね
天国で子供はきっとよろこんでくれているから

No title

朝一で思わず涙。。。
ケイトちゃんの可愛さはしっかり覚えてるよ。
訓練は受けても色んな事情で盲導犬デビューが出来ないワンちゃんのこともケイトちゃんを通して知ったっけ。
もう4か月になるのね。きっと空の上で走り回って、Oさんやカナンシーちゃんを見てるよ。
改めて写真を見ると、可愛い過ぎる...

6年前、そして昨年…。

ケイトちゃん、よく覚えています。
最後のお写真、やっぱり、ちょっと見ただけでは区別がつかないくらい、ナンシーちゃんに似てますね。
自分も6年前の5月31日に亡くした、三毛猫の なこは先天的に横隔膜に穴が開いていて、
短命な事を宣告されていましたが、2回奇跡的に元気になってくれました。

今年、七回忌だから昨年向こうに逝った母と仲良く過ごせるようにと
6月始めに改めてお寺でふたり一緒に供養して頂きました。

ケイトちゃんも、Oさんご家族と一緒に過ごせた時間は だいじな だいじな たからもの だったと思います。
きっと、加奈子さんとナンシーちゃんの事も見守っていてくれる気がします。

URLには、2月始めから3月に掛けて作っていた『桜色のRequiem』と言う曲を貼っておきます。
加奈子さんも、ケイトちゃんやOさんご家族から感じた想いや、
沢山の思い出達をメロディーに乗せて空の向こうのケイトちゃんに届けられたら良いですね。

遅くなりましたが、ケイトちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

やすらかに

人にとってもわが子が自分よりも先に行ってしまうのは本当に悲しいこと。
それは犬たちも同じと私は思います。
もともと身体が弱かったとのこと。
彼女に与えられた時間は、ほかの誰よりも短いものでしたでしょうが、
おそらく、温かいご家庭で充実した一生を送られたことでしょう。
なんといっても、綺麗で苦しむことなく衝天されたのですから…。
ナンシーさんの心注はいかばかりかと思いますが、
彼女なりに、感じていることはあることでしょうね。
命、
どんなものにでも一つ与えられるもの。
そして、それぞれの命の時間と形がある。
どんな長さの寿命でも、
その最後のときまで全うできたのであれば幸せなこと。
ケイトちゃんは、それができたものと思いたいですね。

その命、はかなきものと知りながら
    旅立つあとに白き花咲く

 ケイトちゃんのご冥福を心から祈ります。

No title

ケイトへのお手紙、ケイトと一緒に拝読しました。
この四ヶ月間、ケイトの話を誰かとしたいという気持ちを無理矢理押さえ込んでいましたから、
その思いがどっと涙になって溢れてしまいました。

昨年大晦日に突然食事をしなくなり、その後数日は大好きなフルーツだけは少しは食べたのですが、それも拒否する様になったので三~四日毎に
点滴やステロイドの注射に病院通いの状態でしたが散歩の意欲はまったく衰えず、亡くなる二日前に行ったお気に入りの公園では、他の人が誰も居なかったのでリードを外して「オッケー」を出した途端、お腹ペコペコなのに芝生の上を全力疾走して元気一杯の姿を見せてくれました、それがケイトの最後の大サービスだった様に思えます。

一歳の頃に訓練スタートと同時期に病気が発見されて我が家に帰れる事が決まった時に、
長く生きられないのならば沢山の楽しい事や
ドッグフードよりもっと美味しい物も有る事など
教えてやろうと思いましたが、ケイトが消えてしまった今
抱えきれないほどの沢山の愛情と、
抱えきれないほどの沢山の思い出を頂いたのは
私たち家族の方だったのを思い知りました。

ナンシーとケイトを想って暖かいコメント下さった方々に心からお礼申し上げます。
   『ありがとうございます!』

スタフィーパパさんへ

クリスマスの時の記事覚えていてくださりうれしいです。 そうですね。ケイトちゃんはきっとお空の世界で楽しく暮らしているのだと思います。
空から応援してくれているのだから、私もナンシーも、しっかり前を向いて毎日を精一杯楽しんでいきたいと思います。

B AKKYさんへ

ありがとうございます。 出会いがあれば別れも必ず来るんですよね。 だからこそ、今の時間を大切にしようと強く思いました。
ケイトちゃんは、少し短い人生だったけど、その分たくさんの幸せをくれました。

サイコさんへ

本当に本当にかわいい子でした。 パピーの頃からブログでも何度も登場していたので、きっとサイコさんもよく覚えていてくださったのですね! うれしいです。
仙台でのことは、私とナンシーにとって、とてもすてきな思い出になりました。 会えたことに感謝です。

ざくろの森さんへ

そっくりでしたよね! ナンシーも美人だけど、それ以上にケイトちゃんは美人さんでした。
ナコちゃんやチワの時もそうですが、犬や猫も立派な家族の一員ですから、亡くした時は本当に辛いですよね。 私も音楽で思いを届けていきたいです。 すてきな曲ありがとうございます。

StarHorse02さんへ

短い犬生でしたが本当に幸せな日々だったことでしょう。 時々送られてくるOさんからの写真でよくわかりましたよ!
ケイトちゃんが亡くなる日の朝、ナンシーが突然嘔吐したんです。 これも偶然ではなく、なにかを感じ取っていたのではと思っています。

Oさん(ケイトのとーちゃん)へ

ブログを書きながら、私もケイトちゃんとの思い出があふれ出し、涙をこらえながら手紙を書きました。 Oさんの娘になれて、こんなにたくさんの人に愛されて、見送ってもらえるケイトちゃんは最高に幸せな犬生でしたよね!
ケイトちゃんもOさんにいっぱいありがとうを言っていますよ。 ケイトちゃんのおかげで、Oさんご家族に出会えたこと、感謝でいっぱいです。
ケイトちゃんもお空の生活にすっかり慣れて、私たちも笑顔でケイトちゃんの話ができるようになる日を、ゆっくり待ちましょう。 またお会いできるのを楽しみにしています。 ありがとうございました。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR