シティーライオンズクラブ10周年記念式典

アップが遅くなりましたが、22日は、相模原シティーライオンズクラブの創立10周年記念式典で演奏させていただきました。
会場様子
町田にある、ホテルラポールが会場です。
来賓も含め、170名ほどの方が出席されていました。
持ち時間は短かったですが、演奏の合間に「見えなくなって変わったこと」「ナンシーとの出会い」などについてのお話もしました。
こちらのライオンズクラブさんは、盲導犬支援にも力を入れていらっしゃり、
募金活動もご一緒させていただいたこともあります。
ということで、盲導犬協会の職員さんと、PR犬も出席してました。
そのことは、当日まで知らなかったので、「なんでここに職員さんが?」とびっくり。
そして、PR犬は、またまたビジュ☆
ビジュ
1か月前の小学校での盲導犬の授業で一緒した子です。
また会えたね!

本番は、ナンシーもずっと私の足元に。
演奏中
演奏が終わって、ステージを降りようとしたその時、
段差で必ず止まるナンシーが、その時に限ってそのまま行ってしまったのです。
私もあやうくバランスを崩しそうに・・・
そして、よりによって、協会の職員さんが、一番前の席で見てた・・・
もう、穴があったら入りたい!
ナンシーに代わって言い訳をするならば、段差とはいえ、ほとんど平らに見えるようなものだったようです。
20cmほどのステージに、あえて階段のように一段ついていたとか。
ナンシーは障害物よけと、段差を教えることについては、ほとんど失敗したことがないので、私も安心しきってました。
こうして長々言い訳を書いてますが、それでも段差で止まらなかったことはいけませんね・・・
まぁ、いつも協会の人たちにはいいところを見せられない運命なんですよね。

シティーライオンズのみなさんには、大変お世話になりました。
とても楽しい時を過ごさせていただきました。
そして、10周年おめでとうございます!
これからも、よろしくお願いします。

ツリーを囲んでみなさんと
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

ちょっとしたミス

こうして盲導犬の育成に
協力してくださる方々の前で演奏とお話をされるのは、
加奈子さんにとって大切な役割ですよね。
会場の温かな目に囲まれ、
いい演奏ができたことでしょう。
さて、舞台の段差に気づけなかったナンシーさん。
たまたまとはいえ、
大事にならなくてよかったですね。
ナンシーさんも緊張してたのかな?
この場合、
盲導犬は段差を目で確認しているのですか?
もしそうなら、境目が判断しにくいデザインだったとか。
上るとき見やすくても、上から下を見たとき、
醜い場合もありますからね。
これは人の目でも確認しにくいこともありますから、
まして犬の視力ならなおさらかも。
でも、逆に言えば、
それだけナンシーさんを、
深く信頼していたからこそのミスかも知れませんね。
今回のことがカナンシーベアの、
今後のよりよい歩きに結びつきますように。

なんとも集合写真はレトロ感
ナンシーchanがとても凛として
高貴なお方にお仕えしている
そんな気品すら漂わせています
もちろんその高貴なお姫様は
加奈子姫☆
これからも足元にはくれぐれも
気を付けて♪

StarHorse02さんへ

盲導犬も段差は目で確認してます。母が言うには、確かに見てもわかりにくい段差だったそうです。
もしかしたら一番段差を飛ばしたことにびっくりしてたのは、ナンシー本人かもしれませんね!

B AKKYさんへ

レトロ写真に見えますか?ちょっと半分が光の加減でもやがかかってしまったようですね。
ナンシー姫にふさわしい女になれるようがんばります(笑)
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR