Precious Seasonsコンサートレポート(第一部)

11月27日から、早いもので10日ほどたちました。
写真が届きましたので、当日ステージの模様をお届けします。
写真は、スタジオティットの清水さんに撮影していただきました。

ステージ全体写真
オープニングは、おなじみのオリジナル曲「カラフル」で、カラフルにスタート!
幕が開いて、お客様の一斉の拍手、いつも鳥肌物です。
いよいよスタートしたんだな!って思う瞬間。

第一部は、パンツスタイルでクールに決めてみました(^_^)
一部衣装

今回のテーマにもなっている、「かけがえのない季節」を、オリジナル曲で表現。

11月は「秋」ということで、まずは秋をテーマにした『walk walk walk』。
秋は、一番苦手な季節でした。
夏が終わってしまう寂しさがあったから。
でもナンシーと歩くようになって、秋が一番気持ちの良い季節ということがわかり、
一番苦手だった秋が、ナンシーのおかげで一番好きな季節に変わってました。
秋風を胸いっぱいに吸い込んで、どこまでも歩いていける気がする。
いつもナンシーとの散歩の時、自然に口ずさんでいたメロディーをアレンジしました。

続いて、『冬の道しるべ』。
いろいろなことがうまくいかず、悩んで先に進めなくなる時もあるけど、
冬の夜空を見上げてみると、明るい星が見守ってくれている。
その星を信じて進んでいけば、きっと大丈夫!という思いを込めて作りました。

冬の次は、春です。
パッと咲いて、いさぎよく散っていく桜の花をテーマにした、『桜の花のように』。
一度だけの人生だったら、桜の花のように精一杯咲いて、
たくさんの人を笑顔にしたいという願いを込めて。

そして、第一部ラストは、夏の『ハッピー・ドルフィン』。
沖縄でイルカと触れ合った時の、イルカたちの愛らしさ、楽しさを曲にしました。
客席も一体となり、楽しく一部終了です。

こんな感じで、第一部は、季節をテーマにした新曲たちが並びました。
オリジナル曲なので、ブログでもちょっと細かく説明させていただきました。
コンサートにいらっしゃれなかった方も、CDでぜひ体感してみてくださいね!

♪CDページはこちら(試聴もできます) http://born-music.com/cd.html

それでは、休憩を挟んで、第二部ステージへどうぞ!
次回ブログに続きます。

☆Precious Seasonsコンサートレポート(ナンシーステージ)へ☆
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

ナンシーがそばにいてくれたから毎日、普通に過ごせたんだね。寒かったり暑かったり、嬉しかったり悲しかったり。
それが今を生きてるって

時が経つのは早いですね
そのぶんきっと人の傷みがわかる優しい加奈子さんに
なれたんだと思うょ☆
クールな加奈子も
かっこいいね♪

四季を織りなす曲たち

コンサート第一部。
春夏秋冬、それぞれの気切を加奈子さんの感性で作られた曲たち。
一曲一曲に乗せられた思いに、
客席で聴く私の心にズンと響きましたよ。
秋のさわやかさ、腑兪の神々しさ、春のすがすがしさ、夏のウキウキとした感じ。
どれも聞きごたえのある曲でした。
中でも私は腑兪の曲がぐっときましたね。
曲間の加奈子さんのお話もまたよく、
夢中になって退屈する暇もないほど。
同行した従妹も少商興奮気味。
一時間少しが本当にあっという間。
あれだけ舞台に集中できたことはありませんでした。
2部のレポートも期待してます。
##10日もたったのですが、このレポートを読んでいるうちに、あの臨場感がよみがえってきましたよ。

B AKKYさんへ

ナンシーがいてくれたからこその私なんですよね。これは当たり前のことではないんだなと実感している今日この頃です。
どの季節もナンシーとの楽しい思い出がよみがえります。

StarHorse02さんへ

あれからもう10日以上が過ぎたんですよね。私もこうしてレポートを書きながらその時の興奮を思い出しています。
みなさんにどの季節の曲が印象に残ったかを聞くのが楽しみなんです。StarHorse02さんは「冬」だったんですね!いろいろな情景を自由に思い浮かべつつ聴いてくださいね♪
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR