あれから1か月

別れと出会いの日から、1か月が過ぎました。
とても濃い1か月だったので、本当にあっという間に感じます。

2月22日にナンシーとお別れした時のことを、やっと書くことができます。
朝10時に両親とともに車で訓練センターへ。
センターの入口で、ナンシーと最後のツーショットです。
センターの前で

しばらく食堂で待っていました。
すると、食堂の外を、ナンシーのお母さんのディーナが通りかかったのを発見!
ディーナの飼育ボランティアのFさんも、今日がナンシーの引退日とはもちろん知らず、
偶然センターに来たのだそうです。
まさかの親子対面が実現しました!
ディーナママと
ナンシーは、生後8か月になっても、ディーナママのおっぱいをしゃぶりに行くほど、
ママのことがだ~いすきだったそうです。
そのディーナママに、卒業の日に会えるなんて、
本当にナンシーは強運の持ち主ですね!

引退手続きをして、いよいよお別れの時。
予想では、しっぽを振って職員さんとともに行ってしまうのを見送るんだろうなと思っていたのですが、
ナンシーのいる部屋から、私たちがバイバイと出ていくという形でした。
その時のナンシーの顔が忘れられないと両親は言います。
しっぽを振って行ってしまうナンシーを見送る方が、お互いの気持ち的にもよかったのにと思います。

ナンシーの前では涙を見せないと決めていたので、笑顔でお別れしました。
訓練士さんと、居室に向かうエレベーターで、一気に涙があふれてきましたが、
そのまますぐに、訓練開始です。
館内の説明から始まり、ハーネスの使い方、
そして、午後には、アリエルとの対面。

ナンシーは、メディカルチェックを受けてから、そのままパピーウォーカーさんのお家へ送ってもらったそうです。
大好きなパピーウォーカーさんを見つけると、大興奮だったとか。
用意してくれていたおもちゃを、早速ひっぱり出して、遊んでいたそうです。
その日の夜に、早速写真を送ってくださいました。
おもちゃで遊ぶナンシー
これを見て、私も安心して、訓練にのぞむことができました。

今は、すっかり甘えん坊のナンシーなんだとか。
お散歩もたくさん連れていってもらって、一日中べったりだそうです。

それから早1か月。
それぞれの生活にも慣れてきたところ。
でも、時々電話やメールで、ナンシーの様子を聞くことができるのが、とっても幸せです。
これからも、ずっと見守っていきたいと思います。
パピーウォーカーさんには、本当に感謝でいっぱいです。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

ナンシーもよかったね。

カナンシーペア。
それぞれが強運通しのペアでしたね。
最後の最後まで神様でも傍で見守っているのではないかと慮りのドラマティックなお別れ。
書かれておられる文面から、お二人の別れのシーンが容易に想像できて私もジーンときましたよ。
送り出すのではなく、ナンシーさんに見守られながら送られる。
何とも心に響く一シーン。
それから1ヶ月。
振り返ればあっという間ですね。
ナンシーさんを見守っていこうとのこと。
ナンシーさんも加奈子さんのことを思い出に残しながらこれからの日々を過ごしていくのでしょうね。

PC-Talker7で

読みあげてるのを聞きながら、思わず感情移入して知らず知らずのうちに自然と涙が出てきちゃいましたが、逆に送りだされるのは自分は絶対に嫌です(涙)無事に引退させてあげるんだから、お別れの時は、引退した後の幸せを祈りながら見送ってあげたいですけど、見向きもしないで嬉しそうに尻尾をめいっぱい降り振りして職員に連れて行かれるのも悲しいですが、そっちの方が踏ん切りは着くとは思いますが、そっちはそっちで複雑ですけどね。

永遠のナンシー

今まで何度もナンシーに会ったし、ナンシーを撫でた時のぬくもりや、ドタドタッとそばに飛んできた時の力強い重さも、しっかりと覚えているよ。
あ、ペチャペチャと美味しそうにフードを食べる音や表情、そうそう寝言も聞いたよね。
パピーウォーカーさんちで愛されて過ごすナンシーも目に浮かぶわ。
人生には出会いと別れがあるのだということ、喜びと悲しみがあるのだということを、いつもこのブログで実感させて頂いています。

StarHorse02さんへ

思い返してみても、ナンシーとの生活の中で、これは偶然とは思えないというような出来事がたくさんありました。すべてシナリオがあったのでは?と思わされるほどです。
きっとこれからも、神様に見守られながら、幸せに過ごしていくんだろうなと思います。

スタフィーパパさんへ

そうですよね。ご自分のことと重ね合わせてしまいますよね。見送る方か見送られる方か、どちらにしてもお別れは変わりないですが、やっぱりしっぽを振っていくナンシーを見送りたかったです。
スタフィーちゃんの時は、ぜひそうなるといいですね。

サイコさんへ

いろいろなナンシーをずっと見てきてくださりありがとうございました。これからも、時々ブログにナンシーの様子も載せられたらと思っていますので、ずっと見守ってあげていただけたらうれしいです。
出会いと別れは必ずあるものですが、『Precious Seasons』の歌詞にも書いたように、お互いがずっと幸せでいることが、なによりですよね。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR