サンハートでのコンサート

21日、22日と、続けての本番。
21日は、二俣川のサンハートというホールで、音訳の方々の前での演奏。
視覚障碍者のために、本や雑誌などを、読んで録音してくださる方々です。
私も、音声図書など、いつも聞かせていただいてます。

二俣川駅直結のホール。
リハーサルの時のホールの様子です。
ホール

途中で、Precious Seasonsのスライドショーを流したのですが、
この曲の歌詞を朗読していただいたりもしました。
いつも聞いているような音訳の声で、私の歌詞を朗読していただけたのは、とてもうれしかったです。

今回は、2曲にアリエルが登場。
いつも拍手でも立ち上がらないアリエルなのに、
なぜかこの日は、拍手で立ち上がってしまいます。
ホールの反響の関係かな?
そして、私はその時ぜんぜん気付かなかったのですが、
2曲目では、曲の間ずっと立ちっぱなしだったとか。
立ってるアリエル
途中から手拍子が入る曲なのですが、
それにびっくりして立ち上がってしまい、そのまま最後まで立ち尽くしていたようです。
それだけでなく、一番前に、盲導犬ちゃんがいたそうで、
ずっとその子と見つめ合っていたとか。
むこうの盲導犬も、途中から、ふせの状態からおすわりの状態になってしまい、
お互いステージと客席で、かなり意識していたみたい。
立ってしまったものの、ずっとそのまま動かずにいたアリエルはえらかったと思います。

みなさん、とても興味を持って聴いていただけていることが伝わり、
私も楽しく進めることができた90分でした。

翌日の本番の様子は、また次回♪
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

お互いの意識

 今回の90分のコンサート。
日ごろ声でお世話になっている方たちへの感謝のコンサート。
演奏にも色々な思いを込められたようですね。
その途中アリエルちゃんが普段とは違った行動。
これまでのライブ・コンサートのような雰囲気とは何かが違っていたのでしょうね。
ステージ舌の盲導犬に意識がとられていたとか。
お互い見つめあいながら、どんな会話を交わしていたのでしょう。
自己紹介?仕事自慢?ご主人様の自慢??
色々と想像が広がりますよ。
これからも、場所や条件で、その反応もこちらの想定外のものが出てくることでしょうね。
さて、次のレポートも楽しみです。

StarHorse02さんへ

日ごろの感謝も伝えることができてうれしい本番でした。
なにかアリエルの中で、落ち着かない理由があったのでしょうね。反響?盲導犬仲間?もしかしたらステージの振動とかかな?
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR