オランダへの旅~デン・ハーグ観光編~

私たちが宿泊したのはデン・ハーグという街です。
オランダの政治経済の中心都市だそうです。
一日かけて、トラムであちこち周りました。

お城
まずは、このお城。
いったいどこでしょう?
↓ ↓ ↓
お城と私
うわわ!私が巨人に!!
いいえ、ここは、私が巨人なのではなく、建物がミニチュアなんです。
オランダの街を、そのまま25分の1に縮小した、マドローダムというテーマパーク。
水車と私
運河や水車など、とてもリアルに再現されています。
普通に鳥たちも屋根にとまったり、水浴びしたりしてます。
屋ねの上の鳥
巨大な鳥に見えるね!
おもしろい場所でした。

それから、ビネンホフへ。
ビネンホフ
どこかの宮殿のようにも見えますが、
実は、国会議事堂なんです。
ここで、今でも国会が開かれています。
でも、この建物の周りでは、犬の散歩をしている人や、子供たちが遊んでいたりと、
とても平和で開放的な空気が流れていました。

続いて、マウリッツハイス美術館。
美術館外観
17世紀に建てられたマウリッツ伯爵の私邸を美術館にしたとか。
有名な、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が、この美術館のメインの作品。
真珠の耳飾りの少女
驚いたのは、みんな、思いのままに絵を写真に写しているのです。
普通、このような美術館で、スマホで写真を撮るなんて、あり得ない話だと思っていましたが、
フェルメールの絵のとなりに立って記念写真を写している人も。
自由な雰囲気で、絵画を楽しんでいました。

デン・ハーグは、新しいものと古いものとが共存している街でした。
ショッピングモールの途中に、突然宮殿があったり、
昔そのままの建物でありながら、現在もオランダ政治の中枢として利用されていたり。

コンパクトなエリアに、いろいろ楽しめるスポットがあったので、
一日でも充分いろいろなところを見て周ることができました。
宿泊していたということもあり、オランダで一番長く滞在していた場所。
すっかりこの街に愛着がわきました。

次回は、アムステルダム観光編です。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

興味深いものばかり

デンハーブ。
素敵な街ですね。
オランダの町を模したミニチュア、美術館は、
私も興味をそそられるところです。
そのミニチュアには触れることはできるのですか?
また、美術館には、どれくらいの絵画が所蔵されているのでしょうか?
どれもこれも、皆、自由に観賞し、
ゆったりと過ごせるのは、その国ならではなのでしょうね。
私もチャンスがあれば行ってみたいですね。
あっ、そうそう。
宿泊されたホテルは過ごしやすかったですか?
どんどんと聞きたいこと出てきます。
次のレポ楽しみです。

フェルメールの少女👧の絵画は
有名ですね👍
それにしても今回の📷💌は
髪の毛を後ろでとめて
どこかのセレブマダムの雰囲気
シックな感じで
なかなか素敵です☆

StarHorse02さんへ

マドローダムでは、そっとなら触っていいよと許可をいただきました。お城や水車など、細かい部分まで再現されていましたよ!美術館には800点ほどが展示されているようです。
ホテルは、とても空気がよくて、居心地最高でした。4泊もするとさすがに愛着がわいてきて、部屋を出る時は寂しかったです。

B AKKYさんへ

世界中からこの絵を見るために、たくさんの人が訪れているようですね。その絵の前に立ち、私は頭の中でイメージしましたよ。
髪の毛も夏スタイルです☆オランダは秋のようでしたが。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR