ジャパンタイムズに掲載されました!

英字新聞の『The Japan Times』の特集で、
盲導犬について紹介され、私もインタビューを受けました。
その記事が、9月24日号に掲載されました。
日本の新聞を翻訳したのではなく、英字新聞として独自の取材、発行を行っているのは、
日本でこの新聞のみだそうです。
在日外国人の方の多くがこの新聞を購読されているようです。
駅やコンビニで購入できるようですが、
あいにくその日は郊外におり、そのような新聞は売っておらず、
直接まだ手に取っては見てませんが、
購入した方が、写真を送ってくださいました。

新聞表紙

すべてカラーで、表紙にもアリエルがドド~ンと載っているようです。
盲導犬の歴史、訓練のこと、社会的問題まで、とても深くわかりやすくまとめてありました。
私はユーザーの立場でのお話をし、
ナンシーのこと、アリエルのこと、私の今までのこともあたたかな文章でまとめてくださいました。
以下のサイトからもその記事を読むことができますので、
ぜひご覧ください。
私のインタビューは、冒頭と最後の方にあります。

《A ruff guide to Seeing Eye dogs in Japan | The Japan Times》
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

カナエルちゃん すごい!

ツイッターのGoogle翻訳を見て笑っちゃいました。
同じ部分をExcte翻訳してみたら、
 しかし、すでに日本盲導犬協会がナンシーの置換を一列に並べていたので、スズキには悲しい多くの時間があるわけではなく、ちょうど2時間後でアリエルを配達した。それでそしてと、物語は続ける。
って変換されましたよ。
どっちも面白い~

サイコさんへ

ありがとうございます!とても読み応えがあって、良い記事にしてくださいました。
自動翻訳は本当に笑ってしまうような翻訳になりますよね!どちらにしても、アリエルは配達されてきたんですね(笑)

ご無沙汰しています。

ご無沙汰しました。澁谷のコンサート以来ですね? コンサートは3曲目に入ったところで失礼してしまいましたが、盛況でなにより。1~2曲目はかなこさんがあがっていらっしゃるようにお見受けしましたが、3曲目あたりからノって来たようだったので、途中で帰るのはつくづく残念でした。


さて、今日ブラインド・メイクの本を読みました。一気に読んでしまいました。ブラインド・メイクのテクニックに驚かされたのはもちろんですが(ビューラーは本当にすごいと思う!)、テクニックを産み出した著者の心遣いや仕事に対する姿勢に感心しました。なによりメイクをするようになった方々の半生を読んで、皆さんのこういった心のうちをいろんな人に知ってほしいと痛感しました。


ジャパン・タイムスも読みかけてます。こっちは一気にいかないの(苦笑)。一段落と少し読んで休憩・・。でも、単に盲導犬の仕事の紹介をするのではなく、かなこさんと一緒にいるアリエルの様子を結構細かく描写していて、へぇーと思いました。全部読んでの感想はしばしお時間ください。



野村容子

外国の方は普通に読まれるのでしょうけど、英字の書き物をこれ程までに
真剣に隅々まで読んだのは
初めてです。
この記事が沢山の方々に読んでいただいていたらうれしいです。
英単語のニュアンスが?
なかなか日本語とは?
伝わるといいですね。

野村容子さんへ

9月3日はありがとうございました。上がっているように見えましたか?(汗)
ブラインドメイク物語もお読みくださりありがとうございます。多くの方に読んでいただけたらうれしいです。
新聞も、とても長いので読むのが大変ですが、とても細かく盲導犬のことについて書いてくださり、良い記事ですよね!

B AKKYさんへ

日本語の文章でも、これだけ長い文を読むのは大変ですよね。私も大まかなニュアンスしか理解できてないかもしれませんが、とても良く取材してくださったなと思います。
この記事を、日本に住む海外の方にも読んでいただけていると思うとうれしいです。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR