天津観光と食べ物

すっかり間が開いてしまいました。
時が経つのが本当に早い!
前回に引き続き、中国天津の話題です。

講演会の後、伊勢半の方々に、バスで観光へ連れていっていただきました。
まずは、古文化街というところで、中国の昔の街並みが再現されているところです。
古文化街
たくさんの露店も出ていて、みんなでシェアしながらいろいろ食べてみました。
おいもの食べ物
おいもともち米をつぶして作ったような黄色い不思議な食べ物。
お好み焼きのようなもの、あんずなどのジャムやあめ、
梅のドリンクなど。
私の中では、あめが一番おいしかった。
泥人形というのが有名だそうで、かなり高級品でした。
歴史博物館のような場所もありました。

じっくりと古文化街を楽しんだ後は、イタリア街というところへ移動です。
こちらは、イタリアの街並みが再現されたというところ。
イタリア街
石畳で、建物もイタリア風です。

夜には、川の上に立つ大きな観覧車を見ました。
観覧車
その観覧車の真下を、遊覧船が通っていました。
夜だけどにぎやかでしたよ。

食事は、到着した朝に食べた朝食が、おかゆと小籠包のセット。
おかゆと小籠包
なんとこれでたったの100円!
味はまぁまぁかな。

ホテル前にはセブンがあったので、2度ほど行きました。
チョコバナナ味のポッキーと、えび味のプリッツが珍しかったので購入。
セブンで買ったもの
日本の商品がたくさんありました。
おでんも買ってみましたが、これが意外においしかった。
おつゆも良い出汁が出ていました。

帰りは、みんなと一緒に関西空港へ。
そこでの報告会で食べた和食。
「日本に帰ってきた!」という感じでおいしかったです。
やっぱり食事は日本が一番ですね!

短い滞在ではありましたが、観光もさせていただき、
とても内容の濃い、思い出に残る旅になりました。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

comment

珍しい食べ物。

珍しいものを口にできたようですね。
中国といえど、日本のものが色々と入っているのですね。
特に日本とは違った印象の味とかはありましたか?
 観光も楽しまれたようでよかったです。

StarHorse02さんへ

食べ物で日本と違うところ、それはほとんど違うところばかりでしたよ。何か味付けが独特というか。
やはり日本の味が一番です。中華料理も、日本人に合わせた味付けになってるんだということもわかりました。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR