家族になった記念日

昨日はひな祭り。
センターでの泊まり込み訓練が終わり、
アリエルが自宅に初めて来た日からちょうど一年が経ちました。
3月3日に我が家に来て、そこから1週間自宅周辺での訓練をして、
3月10日に盲導犬デビューです。
なので、ひな祭りは、アリちゃんがうちの家族になった記念日☆

アリエルにも、小さなひな人形を買ってあげました。
小さなひな人形

そして、アリエルを愛してくれる人たちと、ひな祭りケーキでお祝い!
ひな祭りケーキ
私のひざを枕に眠っているアリエルも写ってますね (^_^)

楽しくて幸せなひな祭りでした。
アリちゃん、うちの家族になってくれてありがとう!!
大きなひな人形とアリエル
 

別れと出会いの日から今日で一年

2月22日は、7年半連れ添ったナンシーと別れ、
新たなパートナーとなるアリエルと出会った日。
あれからもう一年がたったなんて、信じられない!

ナンシーとのお別れ前日は、いきなりのナンシー膀胱炎事件・・・
何度もトイレに行きたがり、あわてて獣医さんで薬をもらい、眠れぬ夜を過ごしました。
それが、翌日の引退日にはなにもなかったかのように正常に戻り、今でも、あれはいったいなんだったんだろうと思います。
敏感に心を察知するナンシーだから、私たちのいつもと違った空気を感じたのかも?
ナンシーと最後にセンターで撮ったツーショット。
センターの前で

そして、その2時間後、アリエルと出会いました。
女の子であること、ナンシーより小柄であることのみは教えてもらっていました。
ナンシーと別れて、抜け殻のようにボケーッとして椅子に座っていた私に、
すごい勢いで一直線に駆け寄ってきてくれたのです。
他にも人がいたにもかかわらず、しかも私は特別視線を合わせて笑ったりもまったくしてなかったのに、
アリエルは、迷わず私のところへ、訓練士さんをひっぱるような形で走ってきてくれました。
まるで、アリエルは前から私のことを知っていたような、会いたかったよ!と言ってくれているような、そんな感じで!
名前も毛色もわからないまま、落ち着くまでトレーニングルームをリードで歩き、
歩いている耳元で、訓練士さんから「名前はアリエルです」と耳打ちで教えていただきました。
これは、ようやく落ち着いて、初めて撮ったツーショット。
アリエルと初のツーショット

この日のことは、一生忘れません。
ナンシーの様子も、毎日のように写真や動画を送ってくださり、
幸せなナンシーを手に取るように感じることが出来ています。
今日は、あの日の一つ一つの出来事を振り返りながら、一日思い出にひたっていました。
今もこうして、みんなそれぞれ幸せでいられることに、ただただ感謝です。
 

一人だけど一人じゃない

先月の盲導犬ユーザーのホーム転落事故以来、
改札を通ると、どこからともなくガードマンが駆け寄ってきて、
大丈夫ですか?と声をかけてくださるようになりました。
慣れた駅でも、時にはヘルプがありがたい時もあるので、助かっています。
昨日は、改札を通っても、誰も声をかけてこなかったので、一人でホームへ。
始発駅なので、一応ホームにいた人に、乗る電車が止まっているかを確認して乗り込み、アリエルが空席へ案内してくれてほっと一安心。
目的の駅へ着き、ホームに降りて階段の方向を耳をそばだてて探します。
(だいたいの駅では、階段のある場所で、ピヨピヨなどの音声が流れています。)
立ち止まって耳をそば立てていたら、「お困りですか?」と男性が声をかけてくださいました。
あまりにも慣れた感じだったので、駅員さんかと思い、改札まで行きたいのですがと言うと、
「エレベーターかエスカレーターのどちらがいいですか?」と聞いてくださったので、
どちらでも近い方をお願いしますと言いました。
エスカレーターの乗り口まで連れていっていただき、そこでお別れしました。
どうやら、駅員さんではなく、一般のお客さんだったようです。
あまりに対応が慣れていらっしゃったので、驚きました。
帰りの駅でも、女性が「お手伝いしましょうか?」と声をかけてくださいました。
最近、メディアなどでも、視覚障害者へ対する声かけの仕方なども報道されるようになり、
こうして声をかけてくださる方がとても増えたように思います。
とてもありがたいです。

昨日は、待ち合わせの改札まで到着したところで、
待ち合わせ相手の方から、電車が雪の影響で45分遅れているとの連絡が。
どこか適当な場所で待つことになりました。
まったく土地鑑がない場所なので、誰かに尋ねるしかありません。
近くでしゃべっていた女性3人組に声をかけて、改札近くにスタバのような場所がないか聞いてみたところ、
駅から外へ出てしばらく行ったパルコの中しかないと言うのです。
ここをまっすぐ行ってエスカレーターを上がり、外へ出て、右に曲がって少ししたらバスロータリーがあるから、
そこを左に曲がってしばらく行くとパルコがあると説明してくださいました。
なんだか複雑・・・これは自力で行けるのだろうか?
でもそこしかないのなら行くしかないと思い、
その人に、エスカレーターの方向を聞いて歩き始めました。
アリエルがちゃんと上りエスカレーターを発見!えらい!
外へ出て右へ曲がって歩きます。
人の流れもあるので、それに乗って歩きます。
確かに左へ曲がっています。
ちょっと不安になったところで、近くを歩いている人に、パルコはこの方向で合っているかを尋ねました。
合っているそうなので、またしばらく歩きます。
アリエルはごきげんで歩いているけど、
人がまばらになった感じがして、また心配になったので、また人に聞いたら、
もうパルコは目の前だそうです。
あとは、アリエルにドアを探してもらえば行けるはず。
そんな時、女性が声をかけてくださいました。
ガイドヘルパーの経験もあるそうで、誘導も慣れているご様子。
その方もパルコに来たというので、インフォメーションカウンターまで連れていってもらいました。
もうこれで安心です。
インフォメーションの方が、お店まで案内してくださいました。

知らない場所での、予定外の突然のお店探し。
どうなることかと思ったけど、たくさんの方に助けていただき、
無事に到着出来たことは、アリエルとの冒険の自信につながりました。

自信のない駅を利用する時は、
駅員さんにお願いすると、乗り換え駅などへの連絡をしてくださり、
電車に乗るところまで付いてきてくれて、降りた駅でも、電車のドア前でその駅の駅員さんが待っていてくれます。
なので出発駅から到着駅まで、すべて駅員さんがリレー形式で誘導してくださるので、
アリエルとも安心して新幹線などでの遠出も出来ています。

これからいろいろな初めての場所へ、アリエルと出かけることが増えそうです。
でも、昨日のお出かけを期に、これからの冒険を楽しめそうだと、わくわくしている私です。

一人と一匹での外出でも、その道中でたくさんの人の助けを受けています。
一人だけど一人じゃないんですよね。
みなさん、もし困っていそうな視覚障害の方を見かけたら、
「お困りですか?」「お手伝いしましょうか?」などの声かけをお願いいたします。
 

たくさんのプレゼント

11月になったとたん、冷え込むようになりましたね。
つい最近まで、半袖でも大丈夫な日もありましたが、
いよいよ本格的な寒さがやってきました。

ハロウィンも、あちこちで盛り上がっていたようですね!
生徒さんから、アリエルへと、ハロウィンの帽子をプレゼントしてもらいました。
それをかぶって写真を撮ったら、バルちゃんも同じような帽子をかぶった写真があったので、
こんなにかわいいハロウィンコラボ写真を作って送ってくれました。
ハロウィン
アリエル=ラブラドールの女の子☆
バルダー=ゴールデンの男の子★
それぞれ顔が違うのがよくわかりますね!
かわいい帽子と写真をありがとうございます♪

アリエルといえば、リトルマーメイドですよね!
いつかリトルマーメイドのアリエルの絵の入った洋服を買ってあげたいと思っていたら、
なんと、PWさんのお友達が、人間用のTシャツを犬用にリメイクしてくださり、
それをPWさんがプレゼントとして送ってくださったんです!
Tシャツ
きらきらやレースも付けてくださり、こんなにかわいい洋服に!!
さらに、敷物まで作ってくださったんですよ!
これは、私の誕生日に、PWさんからのサプライズプレゼントでした。
私に気付かれないように、PWさんと母とでデザインなどやり取りしていたとか。
敷物
おいしそうなケーキ柄(^_^)
さらに、「Kanael」と刺繍までしてくださっているんですよ!!
世界にたった一つのプレゼント、ありがとうございます♪

そして、9月のことですが、友人が、アリエル歓迎会を開いてくれました。
そこで、赤ワインをプレゼントしてくれたんです。
ただの赤ワインではありません。
アリエルの生まれた年、2014年もののワイン☆
これは、アリエルが無事盲導犬を卒業するまで大事に保管して、
その時が来たら、PWさんと乾杯だね!
アリエルの成長とともに熟成していくワイン。
かけがえのないプレゼントをありがとう♪
ワイン

みなさん、愛のたくさん詰まったプレゼント、本当にありがとうございます☆
アリエルも、私も、幸せです!
 

盲導犬出発式(二日目)

翌朝は、排泄やえさを済ませて、6:50にはホテルロビーに集合。
朝食は、5名のユーザーさんと一緒のテーブルになり、
それぞれの新たなパートナーの話などで盛り上がりました。
一度部屋に戻り、チェックアウト準備をし、再び集合。

今日は、フォローアップを兼ねて、とあるゲームをすることに。
ユーザー3人を1グループとし、みんなで協力しながら指定された目的地まで行くというものです。
下調べから、すべて自分たちで行い、どんな手段で目的地まで行くかなど話し合いました。
私たち「Eチーム」は、iPhoneを使っている人が二人いたので、
下調べもマップやインターネットを使い、歩く時も、ナビを使おうということに。
なるべくシンプルな道を選んで、カナエルが先頭を歩き、
後ろから、ナビを使ったユーザーさんが、方向と距離を教えてくれます。
予定していた道が、工事中で通れなくなっていたりと、いろんなハプニングはありましたが、
通りすがりの人に時々確認しながら、なんとか目的のカフェに到着。
アリエルの大得意なドア探しのおかげで、わかりにくい入り口もスムーズに見つけられました。
最後に、他のチームの話を聞くのもおもしろかった!
下調べの方法もチームによって様々。
ホテルの人に行き方を聞いたとか、とにかく人に聞きまくりながら行こうというチームとか。
どんな方法であれ、安全に到着できること、3人で協力して歩くことが大事だということです。
今まで、複数のユーザーさんで、初めての場所に行くという経験はしたことがなかったので、
とても新鮮だったし、とにかく楽しかったです。

お昼に、ホテルで解散ということになりました。
一緒に共同訓練を受けた3人で、せっかくだから、ランチして帰ろうという話になり、
大きなサンドイッチをほうばりながら、近況などいろいろお話できました。
なかなか出発式の中では、ゆっくりお話することもできなかったので、
最後に同期3人で集まれたことは、本当によかったです。
同期生3人で

私もアリエルも頭をいっぱい使って、いつもと違う刺激を受けて、
少しスキルアップして帰ってこれた気がします。
とても有意義な二日間でした。
 
プロフィール
鈴木 加奈子
Kanako CD情報
鈴木加奈子トロンボーン・ソロアルバムII~Precious Seasons~ 新発売!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR